ID非公開

2013/12/14 20:54

11回答

ゲジゲジの侵入対策を教えて下さい。 一週間に一回はどこからか家に侵入してきます。害はないとの事ですが、先日、足の上を通過されてあまりの気持ち悪さに我慢出来なくなりました。 冬なのに

ゲジゲジの侵入対策を教えて下さい。 一週間に一回はどこからか家に侵入してきます。害はないとの事ですが、先日、足の上を通過されてあまりの気持ち悪さに我慢出来なくなりました。 冬なのに 侵入ペースが落ちる感じもありません。 時折、クモやアリも侵入しています。 9月に完成した新築のアパートで、玄関が一階にあります。 ゲジゲジを見かけるのは主に一階です。 一階には洋室が一つあり、虫の侵入が怖くて雨戸を閉めておくようにしめいますが効果はありません。 どこから来ているのかも分からないのですが、隣が空き地である事、家の周囲を小さな植え込みが囲っている事、玄関前に雨水用の小さなマンホールがあり、その蓋の穴から来ているのか?等、よく分からないまま不安でいっぱいです。 乳児がおりますので、出来るだけ害の少ない殺虫剤や忌避剤を教えて頂きたいです。 クモ、ムカデ、ゴキブリも侵入させないように出来たら最高です。 (生活は基本的に二階で、乳児が一階に来るのは外出、帰宅時程度です) 虫コロリアースという粉剤を玄関に撒いた所、あっという間に風で舞い上がった為、赤ちゃんが吸い込みそうで不安になりました。 スーパームカデジェットという商品を玄関外に使用しようかと思うのですが、こちらを使用した玄関を赤ちゃんが通過しても問題ありませんか? その他、オススメの物がございましたら、ご教授頂ければ幸いです。

住宅115,427閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

4人が共感しています

ベストアンサー

15

このたびはリクエスト下さいましてありがとうございます。 それでは、ご質問に回答させて頂きます。 状況から、ゲジゲジは玄関前の雨水枡(小型マンホール)の中や植栽の根元に堆積した落ち葉等の中を拠点に徘徊しているものと思われます。 ゲジは隙間を見つけると自ら入り込む習性があるため、玄関ドア下の僅かな隙間がおもな侵入ルートになっているものと思われます。 よって、玄関ドア下の隙間を内側から隙間テープやスポンジなどで塞いでしまえば、おそらく侵入は収まるでしょう。 万一、それでも原因不明の侵入が見られる場合は、下記の殺虫剤をご利用下さい。 赤ちゃんがいらっしゃるとのことなので、特に安全性に優れた殺虫剤を厳選しました。 有効成分だけでなく、溶剤等の副資材の安全性まで考慮して選んでいますので、安心してお使いいただけます。 ① 虫こないアース あみ戸にスプレーするだけ! (アース製薬) http://www.earth-chem.co.jp/top01/mushiyoke/amido/amido.html ② 徹底退治 アリの巣用 液剤 (金鳥) http://www.kincho.co.jp/wnew/201303/ari_tettei_taiji/index.html ① の有効成分のシフルトリンは、ゲジやムカデ、ヤスデ、ダンゴムシ等の多足類に卓効なため、触れたら確実に殺虫します。 あみ戸用のスプレー剤ですが、玄関ドア下の隙間や窓周りなど、ゲジゲジが侵入しそうな場所に噴き付けることで、侵入を阻止できます。 ただし、対象物にへばり付く石油系溶剤を含まない製品のため、エアゾール剤に比べ付着性が弱く、雨が降ると落ちてしまいます。 特に安全性を重視する場合で、かつムカデ等を駆除したい時におススメの殺虫剤です。 ②の有効成分のシラフルオフェンはアリ類に卓効で、近年主流のフィプロニル製剤よりも遥かに人畜毒性や魚毒性も低く、ヒトと環境にやさしい殺虫剤です。 アリ類に選択的に殺虫作用を発現する「選択毒性」をもつ殺虫剤です。 こちらも①と同様、水ベースの製剤構成のため石油系溶剤等を含まず、安心してご利用頂けます。 ただし、アリ類は不法侵入さえしなければ、他の害虫を駆除してくれる益虫でもあるため、むやみな散布はせず、必要に応じてアリ類の通路に帯状に散布してください。 ①と②のいずれも最大で1ヵ月ほどの残効性を有しています。 ※ 雨が降ったら、再度、処理が必要です。 以上、大変長くなりましたが、これでおおむね侵入阻止できるのではないでしょうか。 ご参考になれば幸いです。

15人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

大変ご丁寧にご回答を頂きまして誠にありがとうございました。 あまりにも頻繁に虫が出るので1階に下りるのが怖く、玄関や洋室をビクビクしながら毎回確認して参っておりましたが、ご回答を参考に対策を施してみます。 また、虫の事で困った時には是非お知恵をお借り出来ればと思います。 本当にありがとうございました。

お礼日時:2013/12/18 16:02