ここから本文です

米国以下の世界主要国の軍事力ランキングを考えてください。

ill********さん

2013/12/1618:05:09

米国以下の世界主要国の軍事力ランキングを考えてください。

もちろん、各国の防衛思想の違いなどはありますから一概に
優劣をつけるのは不可能ですが、この場合は陸軍の戦車、
海軍の大型戦闘艦、対潜哨戒機、空軍の戦闘機や
空中給油機の保有数でおおまかに比較してください。
また、核戦力は含めません。冷戦が終わってこの方、外交の
カードであって実用兵器ではなくなった核兵器は抑止力と
しての価値しかないからです。
ボクの考えたランキングは下記の通りです。

2位 ロシア
腐っても超大国ソビエト連邦。地上兵力の規模は米中に次ぎ
海空軍の装備は旧式化しているとは言え、規模が段違い。
また、自国で主力兵器開発を行っている。

3位 中華人民共和国
陸軍の規模は圧倒的。文句なしに米国の次位。
海空軍は防衛思想上軽視されたため旧式化が目立つ。
また、最近関係のよくないロシア製に主力兵器を頼っている。

同立3位 日本
海空軍は新鋭の装備を大規模に保有しており、かなり強大。
地上兵力も島国にしては欧州などの列国と比較しても
遜色ない規模を誇っている。ただ、巡航ミサイルを
持たないことによる敵地攻撃能力の低さは問題。

4位 インド
陸海空ともに規模がすごい。また、海軍はその支援艦艇の
少なさに対して空母を一応運用しており、空軍もかなりの
戦闘機保有数を誇る。ロシアとも共同開発中。

5位 フランス
バランスのいい編成。海軍は一応軽空母を保有しているが
一隻のみで、有事の際に自国のみでの運用は難しそう。
大陸国だが、陸軍の規模は日本などに劣る。

同立5位 英国
フランスと似た編成だが、現用空母はヘリ空母一隻で、
潜水艦保有数も少ないためフランスに一歩譲る。

以下、イスラエル、エジプト、韓国、トルコなどが強そう。

補足そのランキング、ボクも見たことあります。
とりあえず強そうな米国とロシアなどを首位にすえて、
残りはほとんど、ただの全軍の人数のランキングでは?
まともな海軍も持たない国より日本が下に位置してます。
とても信憑性のある資料とは思えません。

閲覧数:
1,302
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fre********さん

2013/12/1723:29:37

日本が強くあって欲しいという気持ちは分かりますけど、中国と日本が概ね対等というのは今の中国と日本の地政学的な関係がある上で「日本が占領されない」という条件に絞った場合のみ「負けない」というだけの話なので、残念ながら単なる戦力の質×量の比較をすれば勝負になりませんよ。

その意味でrino1864さんが紹介してくれたランキングは一概に信憑性がないとは言えないでしょう。

日本が強い(負けない)と言われているのは、海に囲まれた海洋国であって、世界5位クラスの軍事費の多くを「海自・空自の攻撃的でない兵器」に割けているからです。
敵地攻撃能力や陸軍戦力の要素も鑑みれば2流、3流に落ちるのは当然です。
ですから、この質問の前提のように防衛思想や地政学を無視して、カタログスペック勝負にした時点で日本は不利なのです。

遊戯王カードの「ビッグ・シールド・ガードナー(攻撃力100・守備力2600)」は守備表示にしていれば格上のカード相手にも戦える心強いカードですが、「攻撃力と守備力の合計で勝負しよう」という話になると、「カルボナーラ戦士(攻撃力1500・守備力1200)」と同レベルです。
中国はさしずめグレート・モス(攻撃力2600・守備力2500)でしょう。まもなく究極完全体グレート・モスに進化しそうですね。

日本が強くあって欲しいという気持ちは分かりますけど、中国と日本が概ね対等というのは今の中国と日本の地政学的な関係が...

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

het********さん

2013/12/1618:58:03

ドイツはどこにいるの?(笑)

アバター

ID非公開さん

編集あり2013/12/1700:39:39

人的、物的資源も含めて多角的に分析しているサイトがあるので紹介します。
http://www.globalfirepower.com/countries-listing.asp
ちなみに日本の評価基準となっている項目は以下で68ヶ国中17位です。
http://www.globalfirepower.com/country-military-strength-detail.asp...
私はこのサイトの評価は概ね妥当な所だと思います。
現役と予備役の数を合わせると非常に強力な国ばかりです。
日本は正面装備偏重のアンバランスな編成で一見強そうに見えますが(抑止力としては大切な要素です)その実機械化はほとんどなされていません。
空自と海自の強さは近隣諸国に引けを取らないと思いますが、総合的な軍事力で考えると陸自の弱さが際立ちます。
また、予備役の数が圧倒的に少なく、有事の際のダメージに弱い編成です。
専守防衛と言う自衛隊のドクトリンを考えれば致し方のない事なのかもしれませんが…

補足を読みましたので追記します。
海軍の有無は地勢やドクトリンによるので兵力に関係ありません。
総兵力は重要な要素です。
例えばランキングで一個上のイランは正規軍予備役合わせて約200万人近い兵力があります。
対する自衛隊は予備役合わせて約30万人です。
勝てると断言できますか?
兵器の質の差も実戦データが無い以上比較できません。
10式戦車にしても実戦に参加すれば思わぬ欠陥が有るかもしれません。

また、兵器を動かすには燃料がいります。
石油の産出量や備蓄などを比較した事は有りますか?
日本より上位の国は潤沢な石油がある国が多いです。
日本はシーレーンを封鎖されると継戦能力を失う可能性があります。
どんなに優秀な兵器を持っていても石油が無ければ戦えません。

また、機械化率が高い国が多いのも特徴的です。
ソフトスキンの車両と少しでも装甲がある車両、どちらが生存率が高いかは言うまでもありません。
フランス軍を陸軍の比較で日本の下にしてますが機械化率でははるかに上です。

数値化できない要素で比較するのはナンセンスです。
根拠が無ければただのフィクションになってしまいます。

私も日本には強く有ってもらいたいと常々思っていますが、贔屓目に見ても防衛に対して政治も世論も本気では無く、少ない予算と高い装備費や人件費で自衛隊は逼迫しています。
機械化の重要性をもう少し考えた方が良いですよ。
今のままではFEBAに近づく前に集中砲火で全滅します。
特に火力を重視するロシア軍型の軍隊とは相性が最悪です。
現実的に見て政治に反映させないと自衛隊は弱いままですね。
今のままで強いなどと口が裂けても言えませんね。

eki********さん

2013/12/1621:08:23

順位つけたがりやね。
順位と闘った時の結果は違うよね。
逆に順位つけない方が良い結果を生むのではないですか?
楽しくやりましょう。

dad********さん

編集あり2013/12/2213:20:25

アメリカ軍
兵力150万人
戦車8023両、自走砲/野戦砲5000門、装甲車27000両、
戦闘機/攻撃機4500機、爆撃機180機、輸送機1200機、
空中給油機592機、早期警戒機108機、
哨戒機100機、固定翼機133機、対潜ヘリ220機、
空母11隻、巡洋艦22隻、駆逐艦61隻、フリゲート26隻、
沿海域戦闘艦2隻、哨戒艇28隻、
原子力潜水艦71隻、揚陸艦艇400隻、補給艦40隻、

中国軍
兵力230万人
戦車8800両、自走砲/野戦砲25000門、装甲車20000両、
戦闘機/攻撃機1570機、爆撃機80機、輸送機600機、
空中給油機10機、早期警戒機5機、
固定翼機363機、対潜ヘリ36機、
空母1隻、駆逐艦28隻、フリゲート51隻、
ミサイル艇93隻、哨戒艇32隻、
原子力潜水艦9隻、潜水艦55隻、
揚陸艦艇270隻、補給艦5隻、

北朝鮮軍
兵力118万人
戦車3900両、自走砲/野戦砲8500門、装甲車3000両、
戦闘機/攻撃機840機、輸送機330機、
フリゲート3隻、コルベット5隻、
ミサイル艇34隻、哨戒艇18隻、
潜水艦艇88隻、揚陸艦艇260隻、

ロシア軍
兵力110万人
戦車22500両、自走砲/野戦砲26121門、装甲車33000両、
戦闘機1020機、攻撃機800機、
爆撃機154機、輸送機300機、
空中給油機20機、早期警戒機16機、
固定翼機171機、対潜ヘリ91機、
空母1隻、巡洋艦5隻、駆逐艦17隻、
フリゲート31隻、コルベット48隻、
原子力潜水艦45隻、潜水艦13隻、
揚陸艦艇108隻、補給艦23隻、

韓国軍
兵力67万人
戦車2750両、自走砲/野戦砲4500門、装甲車3500両、
戦闘機490機、輸送機30機、早期警戒機4機、
哨戒機8機、対潜ヘリ24機、
駆逐艦11隻、フリゲート9隻+1隻、
コルベット26隻、ミサイル艇30隻、哨戒艇50隻、
潜水艦14隻、揚陸艦艇32隻、補給艦3隻、

エジプト軍
兵力43万人
戦車3750両、自走砲/野戦砲5000門、装甲車4990両、
戦闘機360機、早期警戒機8機、
攻撃ヘリ36機、汎用ヘリ30機、輸送ヘリ61機、
固定翼機17機、艦載ヘリ10機、
フリゲート10隻、ミサイル艇31隻、
哨戒艇19隻、潜水艦4隻、
揚陸艦艇12隻、給油艦7隻、

スイス軍
兵力38万人
戦車700両、自走砲/野戦砲1300門、装甲車2000両、
戦闘機130機、輸送機21機、哨戒艇11隻、

台湾軍
兵力35万人
戦車1100両、自走砲/野戦砲1200門、装甲車2000両、
戦闘機420機、輸送機40機、早期警戒機6機、
哨戒機20機、対潜ヘリ50機、
駆逐艦4隻、フリゲート22隻、ミサイル艇60隻、
潜水艦4隻、揚陸艦艇308隻、補給艦数隻、

ブラジル軍
兵力29万人
戦車618両、自走砲/野戦砲598門、装甲車1297両、
戦闘機67機、攻撃機172機、輸送機71機、
空中給油機6機、哨戒機37機、
攻撃ヘリ12機、汎用ヘリ67機、輸送ヘリ8機、
艦載機27機、固定翼機18機、艦載ヘリ68機、
空母1隻、フリゲート9隻、
コルベット5隻、哨戒艦艇37隻、
哨戒艇19隻、潜水艦5隻、
揚陸艦艇13隻、補給艦2隻、

フランス軍
兵力24万人
戦車458両、自走砲/野戦砲677門、装甲車20070両、
戦闘機/攻撃機330機、輸送機121機、
空中給油機15機、早期警戒機10機、
固定翼機84機、艦載ヘリ200機、
空母1隻、駆逐艦13隻、フリゲート20隻、哨戒艦艇17隻、
原子力潜水艦10隻、揚陸艦艇27隻、
掃海艇13隻、補給艦4隻、

イタリア軍
兵力21万人
戦車320両、自走砲/野戦砲424門、装甲車5684両、
戦闘機/攻撃機270機、輸送機40機、
哨戒機15機、対潜ヘリ58機、
軽空母2隻、駆逐艦4隻、
フリゲート12隻、コルベット8隻、哨戒艦艇14隻、
潜水艦6隻、揚陸艦艇9隻、補給艦3隻、

イギリス軍
兵力19万人
戦車386両、自走砲/野戦砲344門、装甲車2200両、
戦闘機/攻撃機230機、輸送機69機、
空中給油機26機、早期警戒機6機、
哨戒機14機、艦載ヘリ327機、
ヘリ空母1隻、駆逐艦6隻、フリゲート13隻、哨戒艦艇22隻、
原子力潜水艦12隻、揚陸艦艇12隻、
掃海艇16隻、補給艦10隻、

日本の自衛隊
兵力26万人→21万人
戦車1200両→400両、自走砲/野戦砲1000門→400門、装甲車1000両、
戦闘機360機→260機、輸送機40機、
空中給油機0機→4機、早期警戒機13機→17機、
哨戒機100機→80機、固定翼機30機、哨戒ヘリ80機、掃海ヘリ10機、
ヘリ空母0隻→3隻、護衛艦60隻→45隻、ミサイル艇3隻→6隻、
潜水艦16隻→22隻、輸送艦艇13隻、補給艦4隻→5隻

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる