ここから本文です

海上自衛隊にイージス艦がたくさんいると何故オーバースペックなのか?

cx7********さん

2013/12/2201:08:44

海上自衛隊にイージス艦がたくさんいると何故オーバースペックなのか?

ーーーーーーーーーーーーー

各護衛隊の編成を

イージス艦
イージス艦
イージス艦
ヘリコプター空母


とすれば、1隻のイージス艦が弾道ミサイルをSM-3で迎撃している間に、残りの2隻が艦隊防空をし、ヘリコプター空母から発進した哨戒ヘリコプターが潜水艦を警戒、魚雷で攻撃すればすごく良いと思うのですがダメなんですか?

ESSM(発展型シースパロー)やシースパローよりSM-2の方が射程が長いし、イージス艦の方がレーダーも優れているし、防空も汎用護衛艦より優れていると思います。
潜水艦に対する警戒や攻撃は哨戒ヘリコプターに任せればいいし、対艦戦闘は汎用護衛艦と大差ないだろうから問題ないと思うのですがダメですか?

閲覧数:
371
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gis********さん

2013/12/2201:42:30

米軍はおおむねそういった運用をしています。単純にイージス艦は高いから海自には無理なだけです。
XRIM-4(射程100km以上を予定)をキャンセルし、ESSM(50km:元々個艦防空用)なんぞ採用するから、僚艦防空なんて半端な物しかできなくなってしまいこのザマです。FCS-3Aは十分艦隊防空ができる能力があるのですよ。責任者の首を切って、XRIM-4の開発を再開してもらうしかないでしょうね。

質問した人からのコメント

2013/12/22 12:24:26

ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kur********さん

2013/12/2208:51:51

イージスはものすごく高価なのです。
あきづき型が700億円に対してあたご型は1500億円程度かかります。
予算が限られている以上、すべてをイージスで賄おうとしたら数を減らすしかなくなってしまいます。
なので艦隊防空を担うイージスを1隻と他はそこそこの値段、そこそこの性能な汎用護衛艦で固めた方が総合的には戦力を高めることになります。

会社でもCGクリエイターとプログラマーと事務方がいたとして、全員にハイエンドPCを渡す必要があるかという話になります。
100万円の予算枠があったとして。
①全員に30万円のPC渡す
②CGクリエイターに100万円のを渡して残りは手書きで頑張れとする
③CGクリエイターに50万円、プログラマーに30万円、事務方に20万円のPC渡す

以上ではどれが一番業務をこなすうえで効率が良いかと考えるのと同じです。
あるいは無理をして全員に50万円のPCを渡したとして、業績は1.5倍に伸びるでしょうか。
しかも増額した分はよその部署を削るとします。

全部をイージスにするとはそういうことです。

ss_********さん

2013/12/2201:28:26

限定的な状況下にあっては良いと思いますよ。そのような艦隊編成による効果的な運用もあると思います。
ただ、全ての場合に適用できるのかという点では、高度な柔軟性が必要でしょうね。
例えば、敵側の戦闘機や爆撃機が、大量に投入されるという状況では、難しいことになりますから。

それにしても、艦隊運用に関して、良くシュミレーションしていますね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる