ここから本文です

社債と株式の公開会社においての共通点についてです(初学者レベルの者です。)。

m68********さん

2013/12/2615:59:59

社債と株式の公開会社においての共通点についてです(初学者レベルの者です。)。

行政書士試験のテキストで、下記のような記述があったみたいですが、当該条文を確認してみたところ、関係するふしが把握できませんでした。
つきましてはこれについて、ご教示いただきたく、よろしくお願いいたします。



社債と株式は、公開会社において、以下の点が共通。
(1)原則として取締役会決議によって発行することができる。→会社法201条1項、会社法362条4項5号
(2)有価証券を発行することができる→会社法214条、会社法676条6号

(公開会社における募集事項の決定の特則)
第二百一条 第百九十九条第三項に規定する場合を除き、公開会社における同条第二項の規定の適用については、同項中「株主総会」とあるのは、「取締役会」とする。この場合においては、前条の規定は、適用しない。
(取締役会の権限等)
第三百六十二条
4 取締役会は、次に掲げる事項その他の重要な業務執行の決定を取締役に委任することができない。
五 第六百七十六条第一号に掲げる事項その他の社債を引き受ける者の募集に関する重要な事項として法務省令で定める事項

(株券を発行する旨の定款の定め)
第二百十四条 株式会社は、その株式(種類株式発行会社にあっては、全部の種類の株式)に係る株券を発行する旨を定款で定めることができる。
(募集社債に関する事項の決定)
第六百七十六条 会社は、その発行する社債を引き受ける者の募集をしようとするときは、その都度、募集社債(当該募集に応じて当該社債の引受けの申込みをした者に対して割り当てる社債をいう。以下この編において同じ。)について次に掲げる事項を定めなければならない。
六 社債券を発行するときは、その旨

補足zac18617様からの件で。
(1)当方があげた条文は、全てが公開会社での規程でしょうか(もしそうであれば、どの文言からそれがうかがえるのでしょうか。)。
(2)会社法362条4項5号については「取締役会は、次に掲げる事項その他の重要な業務執行の決定を取締役に委任することができない。⇒取締役会の決定事項」と理解するのでしょうか。
(3)どのように解釈すれば「共通性」であると理解できるのでしょうか。

閲覧数:
186
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

zac********さん

編集あり2013/12/2617:59:14

これだけ条文を列挙して、なぜ共通性を見いだせないのですか?

取締役会決議で発行できる事
株式⇒公開会社における同条第二項の規定の適用については、同項中「株主総会」とあるのは、「取締役会」とする。
社債⇒社債を引き受ける者の募集に関する重要な事項として法務省令で定める事項

有価証券を発行できる事
株式⇒株券を発行する旨を定款で定めることができる。
社債⇒社債券を発行するときは、その旨

なぜあなたはこんな平易な事実を素直に受け止めることができないのでしょうか。

[補足へのご回答]
(1)公開会社においては取締役会の設置が義務付けられている、という事をご存知でしょうか。
それがわかっていれば、
① 株式の募集の関する201条は公開会社の特則である。
② 社債の募集に関する362条は公開会社には必ずある取締役会の権限である。
なので公開会社では、株式も社債も取締役会で発行できます。
なお、有価証券を発行できるのは別に公開会社に限った話ではありませんが、公開会社でも発行できます。
(2)そうです。
(3)普通の解釈です。

質問した人からのコメント

2013/12/26 21:50:50

回答をいただき、誠にありがとうございました。
なお本件については、当方の理解力が足らず、納得するまでにはいたらぬゆえに、いただいたものをふまえた上で、再度質問するかもしれませんが、その際は、何卒、ご了承いただくとともに、できましたら、ご返答などもらえましたら幸いです。
よろしくお願いいたします。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる