ここから本文です

手振れ補正と被写体ブレの関係

lll********さん

2013/12/2723:07:13

手振れ補正と被写体ブレの関係

シャッター速度が稼げない状況で人を撮影する場合
手振れ補正がついていても人が動いていると
ぶれてしまうと思いますが
ブレの度合いは手振れ補正ありなしで違うものですか?

閲覧数:
305
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

air********さん

2013/12/2723:42:54

変わりません。

手振れ補正はカメラ側のセンサーでブレを検知して補正するもので、写っている像をみて判断するものではないからですね。被写体ブレは補正のしようがないので、被写体ブレを起こさないシャッタースピードを確保するしかありません。たとえばISO感度を上げるとかね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

the********さん

2013/12/2900:41:47

lllilllillllillllllilllllilllliさん

カメラのブレと被写体のブレは関係ないので、手ブレ補正しても被写体ブレは解決しません。

ただ、カメラのブレ方と被写体のブレ方が一致した場合、流し撮り状態になり、ブレない写真が撮れる理屈です。
もちろん、逆方向だったら、ひどくブレた写真になってしまいます。

手ブレ補正すれば、確実に被写体ブレした写真が撮れ、しなければ、ひどい写真になる可能性大ですが奇跡の1枚が撮れる可能性もあります。

どちらを取るかは、あなた次第。

aiu********さん

2013/12/2801:21:43

違うといえば違います。
というのは、被写体ブレそのものは変わらないのですが、手振れ補正があればシャッタ−速度が遅くて全体的にブレてしまうことをそれなりに防ぐことはできますので。
つまり、手ブレ補正が効いていれば、
手ブレ+(被写体ブレ-手ブレ補正でのブレ補正)
ということで、多少はブレが少なくなるということは言えるのではないでしょうか。

pas********さん

2013/12/2723:29:13

手ぶれ補正はカメラのブレを補正するものですので、被写体のブレ(動き)を止めることは出来ません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる