ここから本文です

アメリカでは陸軍にはレンジャー、海軍にはSEALs、海兵隊にはリーコン等の特殊部隊...

君のあさ。さん

2014/1/118:27:09

アメリカでは陸軍にはレンジャー、海軍にはSEALs、海兵隊にはリーコン等の特殊部隊がありますが、任務内容や役割にどんな違いがあるのでしょうか?

閲覧数:
11,779
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sam********さん

2014/1/120:01:44

全てウィキより概要を貼り付けるのでよろしく
アメリカ陸軍第75レンジャー連隊は、アメリカ陸軍特殊作戦コマンドの傘下に置かれている。ジョージア州フォート・ベニングに本部を置く。レンジャー連隊は、通常戦闘と特殊作戦の両方を遂行できる3個大隊規模の精鋭部隊である。遊撃戦を担当し、パラシュート降下も可能である。米陸軍有数の柔軟性を誇り、常時1個大隊が短時間(18時間以内)で世界中に展開できる緊急即応部隊でもある。特殊部隊の支援を担当することも多く、この部隊も特殊部隊と扱われることも多い。また、同隊で訓練と経験を積んだ後、グリーンベレーに入隊するケースが多く、グリーンベレー養成機関とも言える部隊である。

グリンベレー
グリーンベレーは、戦闘部隊であると共に友好国の軍や親米軍事組織に特殊作戦や対ゲリラ戦の訓練を施す訓練部隊でもある。 グリーンベレーの最も有名なモットーは「抑圧からの解放」であり、 戦時にはハーツ・アンド・マインズ (人心獲得作戦)や現地人で構成されたゲリラ部隊の編制および訓練、指揮などが主な任務である。2001年9月11日の9.11テロの報復軍事進攻では、反タリバン政権の代表的な勢力である北部同盟に近代戦術の訓練を施した。

デルタフォース
1977年11月19日にイギリス陸軍の特殊部隊SAS(特殊空挺部隊)をモデルにつくられた。 アメリカ陸軍には以前よりグリーンベレー(陸軍特殊部隊群)が存在したが、SASで訓練を受けたアメリカ陸軍のチャールズ・アルヴィン・ベックウィズ大佐が国防総省に対テロ部隊の必要性を提唱したのが、創設のきっかけである。

通常は四人一組で行動する。近接戦闘等のほか、現地の語学に精通するなど頭脳面でも高い水準が要求される。演習時には他部隊の一般の兵士に容易に作戦内容を知られぬようにドイツ語やフランス語を使って作戦会議を行うなど、隊員の語学水準は非常に高い。

Navy SEALs
ベトナム戦争における南ベトナム解放民族戦線掃討を目的として1962年1月1日に結成された。前身として第二次世界大戦中に活躍した水中破壊工作部隊(UDT)があり、その歴史は米軍の近代特殊部隊の中で最も古い。本部はバージニア州バージニアビーチリトルクリーク。

SEALsという名称は、SEがSEA(海)、AがAIR(空)、LがLAND(陸)と、陸海空のアルファベットの頭文字から取られており、アザラシ(英: seal)を掛けたものでもある。その名の通り陸海空問わずに偵察、監視、不正規戦等の特殊作戦に対応出来る能力を持つ。2011年5月にはウサーマ・ビン・ラーディンの殺害作戦を遂行している。アメリカ軍の特殊部隊の中でも、アメリカ陸軍の特殊精鋭部隊であるグリーンベレーやデルタフォースと並ぶ。

高度な水泳と潜水スキルを持っており、危機的状況において「水のある所へ逃げる」ことで難を逃れた事例も多い。SEAL輸送チームなどを除きパラシュート訓練が必須となっているため、空挺作戦も可能である。パラシュート降下時にゴムボートも降下させて海に着水し、空から水上作戦を展開することができる。また、イラクやアフガニスタン、ソマリアなど海や河川が存在しない地域でも活動している。極限的な環境である北極圏の水中でも作業できるため、陸上の過酷な環境での作戦従事も多い。

任務は通常2名から4名で行動する(場合によっては2の倍数で増員される)。1小隊は14人~16人。士官2人、兵曹長1人、先任下士官1人、下士官・水兵10人~12人の編成とされる。武器・装備は、任務内容や役割に応じて適意自由に選択される。


フォース・リコン(重装歩兵の特殊部隊)
偵察部隊ではあるものの戦闘能力が高くCQB、射撃、爆破等に長けており、その実力はNavy SEALsにも匹敵するとされる。また、さらなる交戦を余儀なくされた場合、彼らには艦砲射撃や戦闘機、戦術爆撃機を使用した攻撃の権限まで与えられており、加えて油田、船舶への奇襲、人質救出、敵陣地破壊などの強襲攻撃型任務も可能である。

リーコンの主な任務は、MAGTFの上陸時における支援及び援護である。リーコンは、本隊が進行する際、事前に想定作戦地域に展開し、上陸地点の選定誘導、偵察、監視、斥候などの情報収集を行う。海兵隊では唯一空挺降下作戦が可能な部隊であるがため、本隊の上陸後は空中機動部隊として参戦し、航空機での敵地潜入、長距離偵察を行う。

また、敵陣の情報や生物兵器や化学兵器の有無の確認、敵要人などの監視などにもあたる。アフガニスタン、イラクにおいても、リーコンはグリーンベレーやデルタフォースなどの部隊よりも先に潜入し、事前に敵地地形や人員配置、現地の情報収集などを行ったとされる。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる