ここから本文です

アルミハニカム材とダブルスキンのアルミはどっちが鉄道車両に向いていますか? ...

ino********さん

2014/1/1023:06:26

アルミハニカム材とダブルスキンのアルミはどっちが鉄道車両に向いていますか?

それぞれの長短も教えて下さい。

閲覧数:
272
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tc3********さん

2014/1/1023:32:22

いずれも強度材であり、柱などの補強はわずかで済む。
ハニカムは大変作りにくい、従って価格が高い。 新幹線500で採用されただけで終わってしまった。
ダブルスキン材は大型の押し出し材として、容易に作ることができる。 このため、大量生産する場合はコストダウンができる。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる