ここから本文です

指名打者制を解除するメリットは?

has********さん

2007/6/1915:39:34

指名打者制を解除するメリットは?

日本のプロ野球交流戦ではパリーグの本拠地で指名打者制となっていますが、阪神VSロッテ戦で阪神が、読売対オリックス戦で読売が、それぞれ試合の終盤で指名打者制を解除して、DH以外の野手のところに投手を入れていました。このDH制を解除することにメリットはあるのでしょうか?また、DH制をいったん解除した後再びDH制にしたり、あるいは試合開始当初はDH制ではなかったのに途中からDH制にすることはできるのでしょうか?

閲覧数:
19,790
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mam********さん

編集あり2007/6/1917:57:44

一言で言えば、DHの選手を守備に着かせたい時に解除することになります。
(DHの選手が守備に着いたら、規則上DH制度は解除される。)


DHは、守備に不得手な選手がなるのが普通ですが、戦術上、DHに代打が出たり、代走が出たりすることもあり、そうすれば状況が変わって来ますよね。また野手が少なくなりDHが守備に着かざるを得ない状況も考えられます。

DHは一度解除すれば、復活することは出来ませんので、そのような作戦を取ることは、試合終盤に投手を打席が来ないであろう打順に置いて行うことが多くなりますね。


以下、野球規則より参考になりそうな文言を抜粋します。

6・10(b) 指名打者ルールは次の通りである。

 チームは必ずしも投手に代わる指名打者を指名しなくてもよいが、試合前に指名しなかったときは、その試合で指名打者を使うことはできない。

 指名打者に代えてピンチヒッターを使ってもよい。指名打者に代わった打者は、以後指名打者となる。退いた指名打者は、再び試合に出場できない。

 指名打者が守備についてもよいが、自分の番のところで打撃を続けなければならない。従って、投手は退いた守備者の打撃順を受け継ぐことになる。ただし、二人以上の交代が行なわれたときは、監督が、打撃順を指名しなければならない。

 指名打者に代わって代走者が出場することができるが、その走者が以後指名打者の役割を受け継ぐ。指名打者がピンチランナーになることはできない。

 指名打者は、打順表の中でその番が固定されており、多様な交代によって指名打者の打撃の順番を変えることは許されない。

 指名打者が守備位置についた場合、それ以後指名打者の役割は消滅する。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mok********さん

編集あり2007/6/1918:55:31

DH制のメリットは

・打力の無いピッチャーの代わりに野手が打席に立てる
・ピッチャーが投球に集中できる
・守備に難のある選手がスタメンで試合に出られる

等なんで、逆に言えばDHを放棄するメリットは無いと言えます。
多くの場合が、選手が足りなくなった等のやむおえない事情か、大量リードでDHを放棄しても問題ないという判断でしょう。

DHの放棄というのはパリーグでも時たま見られます。黄金期の西武は、優勝が決まると消化試合で日本シリーズ対策の為に初めからDHを設定せずにスタメンを組んだこともありました。

bon********さん

2007/6/1916:32:30

DHだった選手を守備につかせることができるという「メリット」があります。
野手を代打などでたくさん使い、野手がいなくなった、もしくはこれ以上は使いたくないというときに、DHだった選手を守りにつかせることができます(これは単にルール上許されているというだけのことで、「メリット」と呼んでいいのかどうかは微妙ですが)。

また、守備専門の選手と投手を同時に交替させたとき、次の回に打順が回ってくる場合には、その選手を打順の回らないDHのところに入れて、投手を打順の回るところに入れるということがあります。
どうせ投手のところには代打を出すので、守備専門の選手よりも打撃が期待できるということです。

たとえばホームのチームのDHが5番、ショートが8番で、裏の攻撃が7番から始まるとします。表の回に投手とショートを同時に交替させるとき、ショートをDHの5番に入れ、投手を8番に入れます。そうすると、裏の回の攻撃では守備固めの選手は打席に立たせることなく、投手の8番のところに打力のある代打を出せます。

DH制は解除したらもとには戻せません。

試合開始当初にDHを使わず投手を打線に入れたら、試合終了までDH制にはできません。

med********さん

2007/6/1916:26:24

指名打者は途中から入れることはできません。
指名打者を入れずに試合を開始すれば、その試合ではそのチームは指名打者を使えません。

指名打者のルールでは、指名打者に代打や代走を自由に出すことができます(ただし、指名打者の第一打席には代打は出せません)。しかし、指名打者の代打・代走で出た選手は必ず指名打者を受け継がなければなりません。

さらに、もう一つのルールとして、指名打者が守備についた場合、その試合で指名打者を使うことができません。指名打者を守備に入れる場合は、適当な選手を退かせて、そこの打順に投手を入れなければなりません。


よって、指名打者に代走を出した場合、その代走は必ず指名打者を引き継ぎますから、代走で出た選手を守備につかせたければ、その試合で指名打者を使うことはできません。
試合の終盤で、守備固めなどをすべき時には、投手に打順が回る可能性が低くなりますから、代走で出場した指名打者を守備につかせることをするのです。

tak********さん

2007/6/1916:15:18

解除するメリットは、指名打者にすべき打者を代打として好きな打順で使えるところです。
一旦解除したら、元に戻せません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる