ガンプラのことで質問です ぼくは筆塗りでエアブラシを買うほど金持ちじゃないです いま塗っているのはHGBFのビルドブースターです

ガンプラのことで質問です ぼくは筆塗りでエアブラシを買うほど金持ちじゃないです いま塗っているのはHGBFのビルドブースターです ビルドブースターの本体の色を黒と青を混ぜたもので塗ろうと思っています 使っているのはタミヤのフラットカラーです ここからが質問です 色を塗る前になにをすればいいのですか? やすりは何番を買えばいいんですか? 塗料と何を混ぜればいいのですか?といろいろ質問があります面倒かもしれませんが回答お願いします

補足

すいませんタミヤカラーはエナメルです

模型、プラモデル、ラジコン426閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

今はいろんな情報が簡単に手に入りすぎてしまうせいで頭でっかちになってしまうんですかね 塗料を塗るのに必要なのは、塗料とその塗料用の溶剤、後は丁度良い大きさの筆と塗料皿 そんだけ タミヤのフラットカラーってのがアクリルなのかエナメルなのか判りませんが、多分丸い瓶のアクリルでしょう 塗料皿に塗りたい塗料を少し出して、ちょっとだけ溶剤を足す 筆の柄を溶剤につけて何滴か垂らす程度で そんでためしにランナーに塗ってみる するすると塗れたらそのまま塗ってしまえばいい 硬くて塗りづらかったらまた薄めて、薄すぎて下地が透けたら瓶から塗料を足す そんだけ いきなり上手い人のまねをしたら上手く出来ると思わないこと かえって下手になると思ったほうがいい ヤスリは何に使うつもりなのだろうか ゲート跡やヒケや継ぎ目を消したいのだろうか だとしたら#400~#1500あればいい だけどこれはまた塗装とは違う問題だ 全体にヤスリをかけて塗料の食いつきを上げたいのだろうか 何番のヤスリが必要なのかわからないのではディティールやエッジをなめまくってグレードを落としてしまうような気がするが けっしてただ全体にヤスリをかければそれだけで上手に見えるとかそんなことはないぞ 逆はあるけれども 食いつきをあげたいならヤスリかけてまでアクリル使うより最初からラッカーを使うほうが簡単だ リターダーを混ぜれば乾燥を遅く出来るのでムラを減らせるが、いきなり使っても、どの程度入れればどのくらい乾燥が遅くなるのか、乾燥がどのくらい遅くなればどの程度ムラが抑えられるかといったことが判らないから、 まずはリターダーなど入れずに普通に使ってみて経験を養うほうがずっと上達は早い まずは手元のもので今出来ることをやってみよう 失敗の経験もなしに試してみもせずにいきなりステップアップなんて出来ないぞ 補足について エナメルは塗膜が弱く乾燥も遅いが、その分ムラが出づらく綺麗な塗面を作りやすい ただ、スナップオンキットはスチロール樹脂の弾性を利用して接着剤不要を達成しているが、そのために各パーツを組み上げた際に少なからず力がかかっていて、目には見えなくともパーツに超微細なヒビが入ってたりする エナメル溶剤は浸透力が強いので、溶剤がその超微細なヒビに流れ込むとパーツ割れの原因になることがある 特にABSパーツは弾性が小さいため、はめ込みをしているとヒビが出やすいので結果割れやすい 接着剤を使って溶解接着すれば、かかるテンションは小さくなるので割れづらくなるが、パーツを押し込んで組み付けたりするとこはパーツを加工しないとどうしても割れたりする 特にシャバシャバに薄めて墨入れしてると流れやすくなるから割れやすい そんなこともあってスナップオンキットはあんまりエナメル向きじゃなかったりする これからもメインにガンプラ作るなら、上手くなってもエナメルは墨入れやウェザリング、細かい塗り分けにシャドウやドライブラシにと使うので、メインをラッカーかアクリルに変えたほうが便利かとは思うが、別にエナメルは使えないってことは無いです 塗料皿に塗料出して、ちょっとづつ溶剤足して薄めて塗るってのは溶剤の蓋の色が青になるだけでエナメルでもおんなじです

その他の回答(2件)

0

色を塗る前に何をするって、何もしないけど 紙やすりを書ければいいと言う人も居るけど、プロモデラーでそんなこと言ってる人は極少数しか見たこと無い やりたければやってもいいけど気休め程度の効果だと思う 一応、洗剤で洗うといいって話もあるけど、これもやりたければどうぞ、俺はやらない(レジンキットだとやる) 塗料には溶剤を混ぜる 筆で一塗りした時にプラスチックの色が透けるぐらいに薄めるのがいい プラスチックが見えなくなるまで何度も塗り重ねる、一度に塗ろうとするとムラになるからね、特にエナメルは

0

まず、塗る前にはゲート処理をして、やすりの800番1000番くらいで全体を磨いていきます、表面が艶消し状態になったら塗装開始です、 塗料にはアクリル、エナメル、ラッカー塗料の3種類があります、タミヤカラーはあまり買ったことないのであまり詳しくないですが、塗料ビンに書いてあります、種類がわかったら、その種類の薄め液(溶剤)を混ぜます、割合は塗料3、溶剤2ぐらいだと思います(いつも感覚でやっているのでだいたいですいません) 筆塗りのときはむらが出ないように、塗膜が分厚くならないように注意してやりましょう