ここから本文です

回答受付終了まであとわずか 回答を投稿すると知恵コイン15枚が追加されます

少し珍種の、グランディスヒナカブトを飼う事にしたのですが、当方クワガタの事し...

nav********さん

2014/1/2503:52:33

少し珍種の、グランディスヒナカブトを飼う事にしたのですが、当方クワガタの事しかわかりません。専門書なども
無さそうですので、どのように飼育するか悩んでおります。

少し珍種の、グランディスヒナカブトを飼う事にしたのですが、当方クワガタの事しかわかりません。専門書なども
無さそうですので、どのように飼育するか悩んでおります。

成虫のペアを飼うときですが、色々と疑問に思う事があります。下記質問に、非常に詳しくご回答頂けると有難いです。

1.成虫をペアで買うとき、マットは普通のカブト虫用でいいでしょうか?何かお勧めはありますか?
2.真冬でも常温だと冬眠はしないのでしょうか?また、20℃前後に保つ必要はないでしょうか?
3.交尾についてですが、一度交尾しているところを発見すると、初日であってもほぼ卵が宿っていると思って間違いないでしょうか?
4.一回の産卵で平均どのくらい卵を産むでしょうか?
5.オオクワガタのように、一度交尾すると翌年も産卵するでしょうか?それとも一度産卵すると、また交尾させる必要があるのでしょうか?
6.産卵は腐葉土?にすると書いてありましたが、植木用の腐葉土でいいのでしょうか?クワガタのように産卵木を置いていてもそこには産卵しないものでしょうか?
7.幼虫を育てるのに温度管理は必要でしょうか?
8.腐葉土の代わりにクワガタ用の菌糸を使っても飼育はできるでしょうか?
9.幼虫が大きくなるにつれて、材は交換するのでしょうか?どのくらいのタイミングで交換するものでしょうか?

専門書や、専門サイトなどあれば教えて下さいませ。

閲覧数:
2,425
回答数:
6
お礼:
100枚

違反報告

回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

rce********さん

2018/3/2322:21:23

冬眠はしませんが、越冬はします。たぶん。

温度は常に23度はたもってください。

マットは発酵マットがいいです。
安いのでも加水すれば勿論生みます。

交尾確認から少なくとも3日は一緒にしてください。それから、産卵セット組んでください。

30くらいは普通に生むと思います。

一度産卵すると、また交尾は当然必要です。

植木用はまれに、殺虫剤が書かれてなくても入ってる可能性があるので非常に危険です。ちゃんと、昆虫ショップで買ってください。

朽木には100%生みませんよ。

温度管理は前にも書きましたが常に23〜26度必要。冬も。

マットは糞が沢山たまったら、交換です。

chi********さん

2017/12/421:49:09

今更ですがそんじょそこらに売っているカブトマットでは当然産みません他の方がお答えになっていますが水苔に水を含ませて置きましょう少し気持ち多めに含ませましょうそれは何故かやってく内に答えが出ますまた卵を産んでるかどうかの見方としては産んでるところは山になっていますそこの山を見ていけば卵があるはずです(産んでいれば)

luc********さん

2017/9/403:42:31

ヘラクレスを、専門でブリードしている物ですが、同じカブトで知識がありますので回答致します。

1.成虫をペアで買うとき、マットは普通のカブト虫用でいいでしょうか?何かお勧めはありますか?
→普通のマットでは、産みません。産んでも腐ります。無添加マットが必要です。マット上に水苔を湿らせた物を沢山おきます。

2.真冬でも常温だと冬眠はしないのでしょうか?また、20℃前後に保つ必要はないでしょうか?
→グランディスヒナカブトは、外国産カブトです。勿論冬眠しません。温度は、23〜25度がベストです。20度を下回る環境では産卵は出来ません。

3.交尾についてですが、一度交尾しているところを発見すると、初日であってもほぼ卵が宿っていると思って間違いないでしょうか?
→グランディスは、小型種ですのでオスメス一緒に産卵セットに入れる事を、オススメ致します。水苔が、マット内に引き込まれたら♂を出します。

4.一回の産卵で平均どのくらい卵を産むでしょうか?
→多産種では、無いです。10〜50程度とお考え下さい。稀に100とかとる人もいる様ですが、私は50止まりです。

5.オオクワガタのように、一度交尾すると翌年も産卵するでしょうか?それとも一度産卵すると、また交尾させる必要があるのでしょうか?
→はい。オオクワガタの場合は、種オスが大切になりますね。しかし、グランディスは違います。冬眠しません。また、今更ですが短命です。生きてる間にさっさとブリードしましょう。

6.産卵は腐葉土?にすると書いてありましたが、植木用の腐葉土でいいのでしょうか?クワガタのように産卵木を置いていてもそこには産卵しないものでしょうか?
→植木用は、農薬や肥料が混じってる事が多いのでオススメ出来ません。無添加マットもそうですが、アルティメット・ミカカブクワさんで売ってる無添加カブトマットとカナブン用腐葉土が、オススメです。

7.幼虫を育てるのに温度管理は必要でしょうか?
→勿論必要です。23〜25度管理です。夏場は、暑過ぎなければ常温でも大丈夫かも知れません。

8.腐葉土の代わりにクワガタ用の菌糸を使っても飼育はできるでしょうか?
→目的が、異なるので何の代わりにもなりません。

9.幼虫が大きくなるにつれて、材は交換するのでしょうか?どのくらいでしょうか?
→幼虫飼育は、必ず!必ず!必ず!無添加カブトマットからスタートです!大きくなるにつれて微添加カブトマットに切り替えます。


グランディスヒナカブトは、インブリードに弱い虫ですので何血統かあると良いかと思います。
産卵セットは、私のオススメは無添加カブトマットをふわふわに7割入れて1割水苔を湿らせた物を、入れます。メスが、水苔を引っ張って土の中で塊を作りその中に卵を産みます。水苔が、減ったら追加します。マットかさが、増えて来たら次の産卵セットに移します。産卵セット開始日から約1ヶ月で採卵します。採卵した卵は、無添加マットで管理します。幼虫が取れた場合も初めは無添加が、無難です。1ヶ月もすれば800ccボトルへ移し低添加マットを、元々のマットと混ぜて入れます。

慣れてきたら最初から低添加マットスタートにしたり添加量を増やし大型を狙って見てください。
入れ過ぎたら死にます笑

プロフィール画像

カテゴリマスター

by_********さん

2017/4/712:12:41

基本的に国産カブトムシと同じやがな
ベストアンサーください

pur********さん

2016/4/117:15:14

1.マットは基本何でもかまいません、ただ産卵させるとのことなのでコバエやダニなどの雑虫が発生しないようなモノを推奨します。 グランディスヒナカブトは卵が脆く コバエなどが発生しマットが劣化すると孵化率 生存率低下に繋がるのでお気をつけください。

2.常温飼育ですと基本冬眠しません、室温は18度以上あれば問題ないかと グランディス自体18度以上の常温種ですので 度を過ぎる高音 低温下に置かなければ普通に生存します

3.間違いないです ですが前述の通り卵が脆いので採卵はオススメしないです

4.期間数によりますが当方では2週間セット後♀を取り出して更に2週間放置して幼虫での回収を心がけていてこのセット期間だと一度に40〜60程取れます。

6.小型カブトなので種切れが起きないとはいいきれません
グランディスヒナカブトは死ぬまで産卵を続けるので翌年まで持ち越しはまずないと思いますよ

6.腐葉土はプロトリーフ様の腐葉土をオススメします、当方もRTNのUマットが枯渇した時はこちらを使用しています。 産卵セットですが産卵木を置くとデメリットしかありません、 水苔を大量に入れるので店頭の心配はまずございません、

7.常温飼育で大丈夫です。

8.グランディスヒナカブトは廃菌床マットはオススメしません、生おがベースのマットをオススメします RTNのN Uマットが最適かと

9.まず材を使いません

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる