ここから本文です

ブラームスとシューマンの奥さんについて。

nat********さん

2014/1/2718:54:30

ブラームスとシューマンの奥さんについて。

有名な話の様ですが、ブラームスはシューマンの奥さんの事が
好きだったみたいですが、シューマンの奥さんはそのブラームスを
あまり相手にはしてなかったのでしょうか?

また、シューマンはそれに気づいていたのですか?

映画「クララ・シューマン愛の協奏曲」と言うのがあるようですが
これはその二人の様を描いた映画なのでしょうか…

ブラームスの1番は、クララへの気持ちを盛り込んでいるとも聞きましたが、
実際にはベートーベンのまね?をしてるとも…

色々知っている事を教えてください。

閲覧数:
710
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wwm********さん

2014/1/2800:39:21

有名な話の様ですが、ブラームスはシューマンの奥さんの事が好きだったみたいですが、シューマンの奥さんはそのブラームスをあまり相手にはしてなかったのでしょうか?
→色々な説はありますが、シューマンはブラームスにとっては恩人といってもいい人物で、その奥さんということで、クララのことを異性としても惹かれながらも自制していたように思います。ただ、ブラームスは母親の方が父親より24歳も年上だったということもあり、14歳年上のクララに惹かれたのも無理もない気はしますが、クララの方は14歳も年下の男に恋愛感情を抱く、ということは考えられるでしょうか?

また、シューマンはそれに気づいていたのですか?
→シューマンがブラームスを世に紹介してまもなく、シューマンは自殺未遂→入院→3年後に死亡という道をたどるので、気づいていなかった可能性があります。気づいていたとしても、音楽家としての未来という方向に託す、という気持ちの方が強いのではないでしょうか。

映画「クララ・シューマン愛の協奏曲」と言うのがあるようですがこれはその二人の様を描いた映画なのでしょうか…
→そのようです。できるだけ史実に努めたような編集記がありますが、所詮映画なので、作者の思いが入っているような気はします。

ブラームスの1番は、クララへの気持ちを盛り込んでいるとも聞きましたが、 実際にはベートーベンのまね?をしてるとも…
→「まね」というのは語弊があると思います。ベートーヴェンを意識しながらも、それを上回ろうと思いつつ、終楽章主題が「第九」に似ているなど、ベートーヴェンの影響は無視はできませんが。
クララへの気持ちというのは、ないことはないでしょう。20代の若い頃から構想を練り続けて43歳でやっと完成した曲ですから...。

質問した人からのコメント

2014/1/31 10:12:15

詳しくありがとうございました。DVD取り寄せてみたのでみたいと思います。
その他の事も色々参考になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sjd********さん

2014/1/2719:48:57

ブラームスはホモセクシャルでしたぁ。

めぐみさん

2014/1/2718:56:41

シューマンは、俺は知っている、と言って亡くなったそうですよ。

ブラームスと奥さんはずっと愛し合ってたようですが、結婚はしなかったそうです

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる