ここから本文です

「湿度100%」ってありえる状態でしょうか?あるとしたら、どんな状態でしょう...

mixrytuneさん

2007/6/2815:57:24

「湿度100%」ってありえる状態でしょうか?あるとしたら、どんな状態でしょうか?

閲覧数:
19,641
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

komutai_tkさん

編集あり2007/6/2816:31:39

空気中には水蒸気(気体なった水)が存在します。

空気中に存在できる水蒸気の量(飽和水蒸気量といいます)は
温度によって変わりますが、
全く水分が存在していない状態が湿度0%、
空気中に存在できる限り水分が存在している状態が湿度100%です。
例えばサウナ室などは、絶えずスチームを焚いていますから
湿度100%になっています。
通常の温室でも、湯気がもくもく出ている状況であれば、
湿度100%に近い状態になっているでしょう。

気温が下がると空気中に存在できる水蒸気の量が減るので、
温度が急に下がると湿度も高くなります。
例えば朝に霧が出るのも、湿度が100%を超えて、
空気中に存在できなくなった水蒸気が水分として
出てきたからです。

さすがに一般の室内で湿度100%というのはあまりないですね。
(湿度が100%を超すと、空気中に存在できなくなった水蒸気が、
 追い出されて、壁などに水分として出てきます。)

なお、窓ガラスなどに水滴がつくのは、
窓ガラスの温度が周りに比べて低いため、
空気中に存在できる水蒸気の量が、
窓ガラスの周囲だけ少なくなっているからです。

質問した人からのコメント

2007/6/28 22:22:55

成功 勉強になりました! <(_ _)>

「湿度100 とはどんな状態」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

marizou3000さん

2007/6/2816:47:56

水の中
例(風呂、プール)

2007/6/2816:20:25

時々は体験しているはずです。霧が出ている時なんかはそれに近いです。どんな状態かは気温によって体感は大きく変わります。暑いときはじめじめしてますが、マイナス30℃程度だとダイヤモンドダストなどが見られます(寒いと空気中の水蒸気量が低いために湿度100%でもカラッとしています)

2007/6/2816:01:15

ありえるって言うか、特に珍しくないです。

gontaro0001さん

編集あり2007/6/2816:02:40

あり得ますよ。
日本ではあまり体験できませんが、東南アジア等に行くと割と簡単に出逢える状況です。
湿度は簡単に言えば空気が含むことの出来る水分量と実際に含まれている水分量との比率なので、
100%はその時の空気が含むことの出来る水分量目一杯に含んでいると言うことです。

実際に体験すると不快なことこの上ありませんけどね。
http://www.tbs.co.jp/morita/qa_kion/faq_990627.html

king_pataさん

編集あり2007/6/2816:02:48

しめった感じがするでしょう。

気象で湿度と呼んでいるのは、大気中に含まれる水蒸気分圧が、その温度で含まれうる蒸気圧に対して何パーセントか、という計算によるものです。
ちょっと違いますが、雰囲気としては溶解度みたいなものです。
空気1立方メートル、気温何度のとき、水蒸気がどのくらい溶け込めるかに対して、実際水蒸気がどのくらいあります、とうい比率が湿度です。
ですから、100%でも水の中ではありません。

湿度100%に近い状態は、たとえば朝もやの立ち込める状態などがあります。
気温が下がって、大気が保持できる水蒸気分圧が下がったため、あまった水蒸気が水滴として現れているのが、もやや霧の正体です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。