がんになり、それを治療しないとなぜ死ぬんですか? がん細胞は体にどんな悪さをするんですか? がんで死ぬ時って、どんなふうに死ぬんですか?

病気、症状66,769閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

6人が共感しています

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

その他の回答(2件)

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

 今の日本の普通の医者は癌は死の病と言ってますが、そうではないらしいです。ガンは浄血装置です。体の悪い毒素を浄化しています。しかしこれは今の日本では未だ良く知られていません。普通の医者に言ってもナカナカ信じないでしょう。しかし私は今の日本の医学の常識が間違ってると思います。興味が有りましたら以下の人達の事を調べてみてください。  マドンナもトム・クルーズもゴア前副大統領もやってる「マクロビオティック」です。日本人の久司道夫という人が教えてます。アメリカでは有名な人で、スミソニアン博物館の殿堂入りも日本人で唯一果たした人です。国連にもマクロビオテイック協会があるほどです。この人がガンについて詳しく説明している本が「久司道夫のマクロビオティック入門編(東洋経済新報社)」です。  あと森下敬一医学博士の「クスリを一切使わず病気を治す本」も良いです。彼は「ガンは皆が思ってるほど恐ろしい病気ではない。」と言ってます。血液の汚れが癌の原因で、それを正せば治る見込みは十分にある。」と言ってます。  しかしこれらの事実を今の日本の普通の医者は聞き入れません。頭デッカチだからです。「そんな事はない。」と調べもしないで言います。しかしさっき言った久司さんはアメリカの超高級ホテルチェーン店の「リッツ・カールトン」のシ社長の重度のガンを食事療法で完治させました。以来リッツでは久司さんの指導する食事を提供してます。それくらい彼は有名です。歌手のマドンナは自分の子供のアレルギーを久司さんに治してもらってからファンになりました。  あと故・千島喜久男教授の話も良いです。森下さんは千島さんの教えを受けて治療をやってます。あと慶応大學の近藤誠医師も良いです。「患者よ、ガンと闘うな」という大変優れた本を出してます。彼は「ガンは切っても切らなくても一緒。」と言います。そして「ガン検診は百害あって一利無し」とも言います。良かったら参考にしてください。

癌とは、何かのきっかけである1つの細胞の中の遺伝子に変化が起こって細胞が癌化し、無秩序にどんどん分裂、増殖して正常組織に変わってしまう病気です。 結果的には免疫が低下し生命を維持できなくなります。 http://癌.269g.net/ http://www.genkisite.com/gannikatu/