ここから本文です

無冠詞のはずである国名について。 冠詞について学んでいると、国名や固有名詞は...

yub********さん

2014/2/523:05:47

無冠詞のはずである国名について。
冠詞について学んでいると、国名や固有名詞は無冠詞だということを知りました。

しかしながら、インターネット上で海外の人と話す際に
どこ出身かを聞くと、「I'm from the US」のように答える人がたまにいます。
これは、本来は無冠詞だけれどあえてtheをつけることがかっこいいんでしょうか?
比較的若い人が使う表現でしょうか?
他にも、we found a loveとか曲名で使われていたりして、
loveは抽象名詞で無冠詞のはずですが、aをつけることもあるんだなーと思い
気になりました…。
本来は無冠詞の名詞に対して冠詞がつく表現について教えてください。
よろしくお願いします。

補足kyoncymさん、文章がえらい長い上に、嫌味っぽくてわけがわかりません…
謙虚な質問の仕方ってなんですか…。the united statesは理解できました、ありがとうございます。
でも別にかっこいいかどうかを聞いたのは、私が気付かなくて馬鹿なのですけど、そうしたほうがcoolなのかなーと純粋にきになっただけです。
あと自分は高校以上の勉強はしてません。
現段階では中学英文法からやり直しています。

閲覧数:
571
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kyo********さん

2014/2/523:41:48

国名の場合の話ですが…

アメリカ・America、ドイツ・Germany、フランス・France なんて部分は、完全な固有名詞で、必ず、大文字で始め、冠詞などは付かない訳ですが、

共和国・republic、王国・kingdom、連邦・federation なんて部分は、普通名詞で、冠詞が要るような言葉、

で、アメリカの場合だと、正式名称は、

the United States of America、で、
state (アメリカの場合は「州」だけど、本来は、これも「国」の意味の言葉)が、
「連邦」として、連合しているので、united states、これも、普通名詞だから、
the が必要で、the united states、それに、地名としての of America が付いて、
全体として、正式国名、という、固有名詞になっているので、
冠詞や前置詞以外は、大文字で始めることになって、
the United States of America、これで「アメリカ合衆国」という話。

これを、省略するときには、全体の頭文字で、U.S.A.、とか、
the United States (この省略版が、(the) US)、さらには、
the States あたりまで略すことがあり、勿論、America という
略し方もあるけど、大陸名などにも使われるので、正式国名的な
言い方の略としては、余り使われない、ということです。

つまり、そういうところには、the が、ない方がおかしい、
文法的ではない、ということになります。

他にも、アメリカ人全体、のことを、the Americans
(注意して使わないと、普通の、そのアメリカ人たち、
ということもあるけど)と言う、とか、

the Missisippi で、ミシシッピ川とか、
the Titanic で、船の名前とか、
the Johnsons で、ジョンソン一家/一族、とか、
an Mr. Smith で、スミスさんという人、とか、
固有名詞と、冠詞には、そういうお約束的な
使われ方をする場合もあるので、

中学の最初で、a Mike とか the Jane とか言っちゃ
いけないよ、みたいに言われから、どんな場合でも、
固有名詞に冠詞付けたらおかしい、みたいに考えるのが
おかしい、自分には、まだまだ知らないことが沢山
あるんだから、ちゃんとした話し手・書き手が言ってる
ことなら、そういうのもあるんだろうな、ちゃんと学ばないと、
というふうな姿勢で勉強しないと、特に、自分は何でも知っている
から、自分の知らないことがでてくるはずがない、なんて感じで
勉強していると、身に付くものも身に付かなくなります。

抽象名詞の前に、物質名詞、例えば、ice cream でも、
基本、物質名詞ですが、中1の教科書なんかでも、
An ice cream, please. とか Two small orange juices, please.
なんてのを見たことがあるかも。商品として、1つ2つと売られて
要る場合だと、当然、そういうふうな扱いになることもある、
みたいに考えられないと困ります。

抽象名詞でも、この何とか、その何とか、みたいに区別できる
ときだと、the も付くし、a が付くどころか、複数形になる
こともある、love なんかは、そういう話ですし、

Thank you very much for all your kindnesses.
だと、kindness が、親切さ・親切であること、
じゃなくて、具体的にしてくれた、親切な行動の
一つ一つ、みたいな意味で使われていて、
複数形になっている、

こういうことはいくらでもあるので、
本当に知りたいと思ったら、高校以上用のちゃんとした文法書や、
ちゃんとした辞書を引いて、自分で調べる癖をつけていくことが
とても重要です。

中学生やそのレベルの英語の勉強中なら、知らなくても恥ずかしく
ないことも含まれていますが、その場合には、もっと謙虚な質問の
しかたをした方がいいでしょうし、そういう姿勢で臨む方が、
英語も身に付くでしょう(「あえてtheをつけることがかっこいい」
なんていうと、外していたときにとても恥ずかしいし^^)。

高校レベル以上の英語を勉強していて、こういうことを質問している
としたら、悪いという訳じゃありませんが、もう少し基本から地道に
勉強した方がいいかも、という気がします。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

eco********さん

編集あり2014/2/911:59:51

>無冠詞の名詞に対して冠詞がつく表現について教えてください。
theについては辞書説明があり、普通はそのルールにしたがうことが多いのですが、冠詞はtheかさらに加算名詞の場合にa/anをつけるのかなどは受信者考慮の有無関係なく発信者のイメージが優先します。

ということで発信者が自分は男の中の男と思えばthe manなどということもあるわけです。最近はないのですが、以前洋画をはじめとして英語圏のentertainmentが日本に来ると元タイトルと無関係に「ザ・**」などが結構あったようですし、日本のものにもそうした「ザ・**」などもあったように思えます。
別につけるのは自由なのですが英語圏の人から見ればそれにふさわしい人なのか言動なのかをみていると思います。仲間内では言いとしても外に対しては使うのは注意した方がよいように思います。

あくまでも個人的感想ですが、....

>無冠詞の名詞に対して冠詞がつく表現について教えてください。
複数の辞書でtheを引かれて説明と例文を読まれるのがよいと思います。

ひとつだけあげれば、waterは水という普通抽象名詞ですが、the waterとなれば、会話ならそこにあるバケツの水とか、そうでなければIt's fun to ski on the water.のように場面により水面とか水中になり、the watersで川、海の流れというような意味にもなります。
The waters of the Nile run through Egypt.などです。(Japanese watersなら日本の近海などの意味になります)

冠詞を裁くのは至難のわざですので英文を読み聞きする際に冠詞とそれに続く名詞との連語性に注意し必要に応じ目的名詞を辞書で引いて説明用例確認をするなどを時々すればよいのではないでしょうか。


追記)
名詞でないですが、形容詞にtheがつけばたとえば、the poor で貧しい人々、the richで金持ちなどになることがあります。ただしthe happyとはなぜかいいません。このあたりも実際に英文に遭遇するたびに必要に応じ研究されるとよいと思います。

追記2)
固有名詞にthe をつけるかどうかも一応のルールがあっても最終的にはつけるかつけないかは当事者か世間の人の扱いによることが多いと思います。たとえば、英国にDurham Schoolとthe Leys Schoolなどのような例もあり、定冠詞ののあるなしはなぜかなどは当事者に聞かないと本当のところは分からないものもそこそこあると思います。当事者存命でなければ関係者も明確に答えられない場合もあると思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる