ここから本文です

白鳥は 悲しからずや 空の青 海の青にも 染まずただよう というのは何?でし...

milagro157_1985さん

2007/7/401:27:11

白鳥は 悲しからずや 空の青 海の青にも 染まずただよう
というのは何?でしたっけ。

中学か高校の頃に習いましたが忘れました。
誰がよんだかはサーチしたら出てきたんですが、詳しい意味と何に収録(?)されているがわかりません。現役の方か覚えている方、教えてください

補足できれば文法的な説明もいただけたらうれしいです。

閲覧数:
104,812
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

p_bozeさん

2007/7/402:01:04

若山牧水の歌でしょう
歌集「海の聲」の中にあったと思います。
白鳥はかなしからずや空の青 海のあをにも染まずただよふ

 意味は
 白鳥(かもめ)は寂しくはのだろうか、いや寂しいだろう。空の青色や海の青色にも(混じって)染まることなく(ただ一人で空を)ただよっている。

 文法的にはそんなに説明することないんじゃないでしょうか。そのままですよ。

このサイトに歌意から文法まで、詳しく説明してます。
http://www.pat.hi-ho.ne.jp/nobu-nisi/kokugo/tannkahaiku.htm
 

質問した人からのコメント

2007/7/4 02:59:18

抱きしめる 説明とサイトありがとうございます、助かりました!

「白鳥は哀しからずや」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。