ここから本文です

長文乱文申し訳ないです。書きながら思い付いた事を書いてます。 宇宙の始まりは素...

ame********さん

2014/2/1019:20:43

長文乱文申し訳ないです。書きながら思い付いた事を書いてます。
宇宙の始まりは素粒子がどーにかなって、ビッグバーーーン!!ってなって光りがうまれて星ができて…今も宇宙は膨張…って感じですよね!?(専門家

ではないので、突っ込み処満載ですがスルーして下さいm(__)m(笑)

で、宇宙は打ち上げ花火!?みたいに丸く膨張してるのですか?
てか宇宙ってどんな形!?宇宙って球体な感じ?
ん!?ビッグバーーーン!の続きでそのまま膨張してるんですよね!?
だとしたら…膨張の速度は少しずつスピードダウンしないのですか?

てか無から生まれた!?「無」は「無」って空間?ってイメージで良いのですか?じゃなきゃ素粒子はソコに存在しないですよね?
ってことは我らが宇宙様以外にも宇宙は存在する?ではなぜその他の宇宙とぶつからない?

ん!?宇宙って「無」の中で移動してないのかなぁ…

てか地球から何億光年先までわかってるんですか!?てか何故膨張のスピードがわかるの????

宇宙ってなんだ???????

(フザケタ内容かもしれませんし、読みずらく、なにが質問なのかわかりませんが、自分にとっては本当に真面目な疑問…質問です)

わかることだけでも良いので、貴方の宇宙を教えて下さいm(__)m

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
169
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bea********さん

2014/2/1118:02:01

この宇宙は平坦か否か、それが平坦性問題である。この宇宙が十分な質量を持ち正の曲率を持てば、ビッグバンによる宇宙膨張が減速され、現在の膨張は止まり逆に重力により収縮に向かう。そうして、また物質は一点に集中し再度ビッグバンが起こる。この様な宇宙を「閉じた宇宙」と呼ぶ。
逆に、この宇宙が十分な質量を持たず、負の曲率しか持たなければ、現在の膨張は止まらず永遠に膨張を続ける。この様な宇宙を「開いた宇宙」と呼ぶ。この中間で、宇宙の膨張が0に向かう場合、つまり最終的に宇宙は膨張を止めるが重力による収縮も起こらない時、宇宙の曲率は0であると言う。この様な宇宙を「平坦な宇宙」と言う。平坦な宇宙の質量(=エネルギー)の密度を臨海密度と言う。
観測の結果、この宇宙の質量の密度は臨海密度の0.98 から 1.06倍の間であることが分かった。これは、この宇宙はほぼ平坦であることを意味している。宇宙の始まりにおいて、この値が精密に1であり宇宙が平坦でないと、現在の様な宇宙は形成されない。1より小さいとあっという間に宇宙は収縮してつぶれてしまう。逆に、1より大きいと急速に宇宙は膨張して銀河等は形成されない。なぜ、宇宙の始まりにおいて、この値が正確に1で宇宙は平坦であったのかが謎であった。
これをインフレーション理論が解いた。従来のビッグバンの標準理論では、何ものも光速以上では動けなかった。その為、宇宙の初期にあった曲率は解消されなかった。しかし、インフレーション理論では、宇宙のごく初期において光速を超えて急速に宇宙は膨張した為、曲がっていた宇宙は平坦に伸ばされたとされる。

従って、現在の観測では、宇宙の膨張は少しづつゆっくりとなり膨張は止まると考えられている。

質問した人からのコメント

2014/2/17 17:33:27

宇宙は…不思議だらけ!!
お三方ありがとうございました♪

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

qqq********さん

編集あり2014/2/1601:30:11

科学では宇宙が空間ごと広がったとして,それで別にも空間の宇宙があるという前提で宇宙を語っている気がします。
しかし私は科学で言う,空間から広がった宇宙に疑問してます。
宇宙は単に物質だけが動いていると信じて,そして空間が広がったりはしてないとい考えです。
自分だけの思考ですが,こういう理由の根拠で回答したものを後に載せてみます。
これは宇宙の全ての物質だけが繰り返されていただけです。

そして全てが冷え始める,そして重力の力が勝って行くと終焉になって行って,全てが集まった時には衝突のエネルギーで再度広がり初めます。

私は単に宇宙の全ての物質が繰り返されていただけと解釈したのです。
科学では,空間そのものが広がったり縮んだりしている予想を言っている人もいます。
しかし私の場合は空間ではありません。

空間も物質もない所から現れた思考では,その接点でゼロになるような所の通過という印象を与えて,それでは素粒子という小さな世界も通るであろうというイメージで宇宙の最初の糸口を探そうとして,巨大な加速器で実験をしています。
即ちこの実験の成果が,無から現れたような根拠を求めているのです。
そしてそこに無に繋がるというよりも,実は違う宇宙の存在があるのだとも言っています。
これで無という表現を避ける事が出来ます。
別の宇宙もあるのだから,今のここの宇宙があってもおかしくないような言い方にも見えて,ある意味科学の逃れだと考えられます。

しかし極小のこのような世界を見つめる事が,本当に宇宙の謎探しになるのかという疑問があります。
これは物質量という事で,宇宙の規模の物質は素粒子とかいう小さな単位にはない,集団の物質の力が膨大になります。
科学ではこの膨大な力の動きを見失う傾向にあると私は考えます。
余りにも宇宙が空間から現れた事に固守し過ぎています。

科学で陽子等を加速器で衝突させて宇宙初期の宇宙を再現出来るとして実験を繰り返していますが,私はこれはかえって問題だと考えているのですが,それは現在の素粒子は,陽子同士を衝突させる等して出現させています。
いわば素粒子は陽子などを組み合わせているものですが,それなら素粒子で元の陽子などを組み立てられる筈です。
しかしそれがされたという事は聞いた事はありません。
即ち自然に存在している陽子等を人工的に衝撃で壊しても,元の物も再生出来なければ,それは自然な物とは言えません。
人工的に創造された物と言えるだけです。

今瞬間に崩した物をすぐまた今にさえ作り直せない物で,137(修正されて138)億年も前に起こった物を再現させようとするのはナンセンスな状況の再現です。
宇宙の存在する理由が,より以上にSFの世界を再現し続けるだけとしか見えません。

そして陽子等を分裂して出した素粒子が空間から現れたとか言ってますが,エネルギー的に元の陽子と同じなら,とても空間から現れたとは言えないのではないでしょうか。
単なる陽子の構造を細かくして見たのに過ぎないと考えてます。

私は自然に存在している陽子などの原子を基本として,宇宙が極初期の物理現象で説明出来る宇宙を考えて回答して来ました。
陽子等存在その物が莫大な力に耐えうるほどの存在です。
一つの陽子等から取り出すのにも,莫大なエネルギーが必要なヒッグス粒子とかを取り出そうとかしていること自体が,そのような絶えうる力を持っています。
即ち宇宙全ての物質が集まっても,この陽子等の力で耐えて支えたから,全ての物質を反発させ広げる事が出来たのです。


さて宇宙の最初の物質は素粒子から作られているような事を言っていて,素粒子は現在16種類でそしてヒッグス粒子も加わっています。
これらが宇宙に充満していて,そこで陽子などの元素になるという事になるのですが,上の素粒子などがバラバラにあるなかで,全ての陽子に16種類+1だけ上手に入り込む事が可能かという事です。

これは丁度もし空一杯に16種類+1の鳥が何万羽も飛んでいて,そしてそこに巣が何百もあったとした場合に,その巣の一つずつの中にキッチリと16種類+1が外の鳥の種類が重ならなく入ると同じような物です。
このように考えても自然の状態で素粒子がバラバラに存在していた事はなかったと推定出来ます。

今の科学で加速器で陽子などを衝突させて,より初期の宇宙の発見に繋がると考えているのは,宇宙を分からなくさせるだけです。

こういう事で空間が広がる宇宙ではなくて,物質が広がる即ち宇宙の全ての物質が繰り返されて来たという事で私が回答したものを参考に載せてみます。
これが宇宙の果てが今の観測でも限界まで銀河が連なっていて,何処まで続いているのかが分からないのですが,キット銀河の限界があるという前提で,それでその端の先は空間だけになります。

物質だけが広がった銀河の群れは,全体では球体になっていると考えられます。
物質は大きな集まりでは球体になります。
しかし銀河は渦を巻いたように球体ではないのでは,回転を起している為です。
宇宙全体の銀河の群れでは回転が起こっていないと推定出来ます。
余りにも巨大過ぎる全体の為です。
さて恒星自体の構造も科学とは違います。
地球も含めて惑星が太陽(恒星)から飛び出た物質で出来ました。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1412062573...

今の科学では100%ブラックホールがあるとされていますが,しかし空間が広がる宇宙では根本的に問題が出る事で回答したものも載せてみます。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1411753561...

科学では上で書いてありますように,ブラックホールなどのように重力の力で空間を引き伸ばします。
この点は強調されているのですが,しかしそれでは空間自体の存在がまるで餅のような物になるのではないかという事では誰も疑問として出していません。
しかしそれを私が問いただしたのが上の文であった訳です。

科学では空間がないような所から突然現れて,そこで物質も突然現れたように言ってます。
この現われで,物質の条件も空間の条件も同じになる筈です。
即ち物質が量でもって質量が存在します。

ところが空間の方の質量は何も問うていません。
それで私はブラックホールに対抗して空間が動くのなら,空間自体に質量という存在があると言いました。
物質の作用反作用のようなもので,作用を加えて反応するのなら,それが空間でなされるのなら,空間は物質と同等な性質を持つという訳です。
それでこれを餅という表現にしたのです。

ここで物質も突然現れた宇宙では,空間も突然現れた状態として,物質で量が問われているのと同じ様に,空間も量が問われていい事になります。
即ち物質の存在する量に比べて,空間という事では領域が遥かに違い過ぎます。
もし物質の量をアリ一匹とすると,言わば空間の量はクジラが何匹,あるいは何十,何千かもしれません。
もしお暇ならこの違いを数字でかなり正しく出せるかもしれませんが,例えて何十匹位でも,このような差があって,最初の初まる前に詰まっていて,物質と一緒に宇宙が初まったイメージになると私は問うて来た事になります。
これはアリ一匹が何十頭ものクジラで押さえ付けられていたのが,宇宙の広がりで解放されたようなものです。

ブラックホールの存在を考えると,このように空間は莫大な力の存在になるという事を科学では全く討議されていません。

ところで私は,ブラックホール自体が存在してないとして回答したものがあるので,参考に載せてみます。
上の中で出たURLが重なって入ってます。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1211601497...

最後になりましたが,宇宙が広がる速さは光のドップラー効果という事で,赤色に観測されるのが,光の波長が伸ばされる事で,銀河の遠のく速さを推定出来ます。
それから遠くで観測される超新星爆発などで,光の大きさで距離の程度も測る事が出来ます。

yfu********さん

2014/2/1019:23:18

風船と同じで
そのうち縮むと思います

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる