ここから本文です

筋トレとランニングの関係について質問です。 体を絞って鍛えたいのですが

tk_********さん

2014/2/1118:01:00

筋トレとランニングの関係について質問です。
体を絞って鍛えたいのですが

筋トレは毎日やってはいけないというのは超回復が起こらないうちに次の筋トレをしてしまうとダメというのは分かるのですが、ランニングはどうなのでしょうか?

ランニング後も太ももなど筋肉痛になりますが、やはり毎日はしないほうがいいのでしょうか?
それとも脂肪燃焼ということだけ考えれば毎日した方がいいのか?

詳しい方がいましたら教えていただけると助かります。

閲覧数:
388
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

muy********さん

2014/2/1118:43:28

超回復は筋肉を休める期間です
これは筋肉を限界まで
酷使することが条件になります。
つまり無酸素運動で有効…ということです。
ランニングは有酸素運動であるため
毎日続けることが大切です。
しかし筋肉痛は筋繊維が
痛んでいる証拠なので
そういう日はジョギングにするなど
時間は変えず負荷を変えると
いいかと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ace********さん

2014/2/1210:00:15

こんにちは、
体を絞って鍛えたいということですが、
目標とするものは、見た目体型でしょうか?
それとも、ランニングの運動能力向上でしょうか?
体を絞るという事に関しては、体脂肪を落とすということですので、食事管理と有酸素運動が有効です。ランニングの筋肉痛に関しましては、軽い運動は、筋肉痛の改善に有効ですので、ランニングは、やめてウォーキングをした方が良いです。筋肉痛がある状態でランニングしても心肺機能を高めるとか、脂肪を燃焼させる効果はありますが、筋肉にはダメージになります。ただその効果は微々たるものですので、やめた方が良いと思います。
また、ランニングは、体重が軽い方が有利ですので、究極は、体幹と脚の筋肉以外は全てなくなった方が良くなります。普通にみたらガリガリです。食事、運動問わず減量をすると、脂肪ともに筋肉も減ります。ですので、見た目重視で有れば、上半身の筋トレは必須です。効率よく筋肉を増やすには、フリーウエイトを使った筋トレですが、自重でもいいですが、筋肉痛になるぐらいまでやらないと、筋肥大は起きませんので、かなりの回数と時間がかかります。

mas********さん

2014/2/1208:58:22

筋肥大トレーニングでオールアウトさせると
毎日、トレーニングしたくても出来ません
そのあたりが、変に誤解されているだけです
痛みや疲労がなければ、毎日筋トレ、ランニングしてもかまいません

脂肪燃焼ということを考えると
食事との兼ね合いもあるので
運動時だけ考えても意味が半減します

筋肥大に関し、超回復という理論は間違いです
この理論が正しいならば、トレーニング歴が長ければ長いほど
スポーツなどでのパフォーマンスが上がっていくはずです
しかし、ウェイトリフティングなどのパワー系競技でも
トレーニング歴50年以上の70代、80代の選手が
オリンピックで金メダルを獲得することはありません

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる