ここから本文です

就業規則の退職金規程について

mai********さん

2014/2/1417:37:43

就業規則の退職金規程について

労働基準法では、「退職手当の定めをする場合においては、適用される労働者の範囲、退職手当の決定、計算及び支払の方法並びに退職手当の支払の時期に関する事項」を就業規則に規定することが義務付けられているとありますよね?
私が今勤めている会社には退職金規程があるのですが、金額について、
「退職金の額は、退職又は解雇時の基本給の額、および勤続年数を考慮し決定する。」としか書いていないのですが、具体的な計算方法等記載しなくてもいいのでしょうか?
また、「退職金は会社の財務状況を踏まえ、退職した社員に対して支払う。」とあるのですが財務状況によっては支払われないこともあるということでしょうか?
支払の時期に関しても「退職した社員と協議の上決定する。」と非常にあいまいです。
このような就業規則は何か問題があるでしょうか?

閲覧数:
873
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yxk********さん

2014/2/1417:57:10

退職金は必ず支払わなければならないものなので、決まっていることのみ定めておけば
問題ありません。
そのためご質問の内容での定めでも問題はないです。
他のご回答の方と見解が変わってしまうのですが、退職時に色々な内容を考慮して決定するとなっているので
支給しないと決定しても問題にはならないように思います。
実際には裁判等の判例を見なければなんとも言えないところですが。。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

2014/2/1418:53:35

お書きになった内容で問題ありませんよ

yxkqw693さんが退職金は必ず払わなくてはならないといって見えますが、これは労使協定で就業規則に明記した場合であって、一般論としては払わなくても就業規則に何ら書いてなければそれは合法です
>労働基準法では、「退職手当の定めをする場合においては、適用される労働者の範囲、退職手当の決定、計算及び支払の方法並びに退職手当の支払の時期に関する事項」を就業規則に規定することが義務付けられているとありますよね?
そうでしょう!!労基法でも、定める場合はって注釈があります

sfa********さん

編集あり2014/2/1418:59:40

>syouchan1192さん
「必ず支払わなければならない」と書いたのは上の回答者さんではなく、私です。

------

退職手当は必ずしも支払わなければならないものではないので、労基法で規制されていません。

ですのでそのような曖昧な規定であっても問題ありません。

ただし、就業規則に退職手当規定がある以上、必ず支払われなければなりません。

maimaiteyさん

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる