ここから本文です

子供のバイオリンの練習時に、ピアノで音階をひいてみせるのは、辞めたほうが良い...

dav********さん

2014/2/1623:26:12

子供のバイオリンの練習時に、ピアノで音階をひいてみせるのは、辞めたほうが良いのでしょうか。

バイオリンを習って半年の小1の息子は鈴木教本1の終わり当たり。母は音楽音痴の未経験者です

が、ピアノでなぞる位は出来ます。

バイオリンは相対音感、ピアノは絶対音感で全然違うものと聞きました。

なので、伴奏ならともかく、ピアノで課題曲ひいてこの通りやってーはやってはいけなかったのか。

息子は、音間違えると、自分で直ぐに気付き修正します。
しかし疲れている時は、音痴の私が聴いてもボロボロ。
勝手に自分で判断させるべきでしょうか。

レッスンには、息子1人で通っており、先生とお話する機会は余りなく、聞き辛いです。

先生の所にはピアノもチューナーもありません。バイオリン練習にはピアノは邪魔なのですかねー。

補足先生は二人目で、某有名楽団OBで、息子と相性も良いみたいです。

バイオリン弾きさんは家に必ずピアノがあるものなんですかね。

閲覧数:
1,914
回答数:
7
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pio********さん

編集あり2014/2/1723:30:27

門外漢ですが
先生が見本を弾いて、この音(音色)だと教えれば良いように思います
音の質にストイックな人ほど上達する楽器だと聞きますし
今は音の違いを意識する繊細さとか集中力とか根気を身に付けさせる時期かもです
お母さんがピアノを弾くより、息子さんのバイオリンの音を聴いてあげる事の方が有意義では
一緒に音を勉強する積もりでやってみられたらどうでしょう

質問した人からのコメント

2014/2/18 00:50:13

降参 BAさんの回答を見る前に、今日の練習で正にピアノをひかずに息子のバイオリンの音を黙って聴いて見ました。勝手に音階練習した後、息子は間違い箇所を修正しながら弾き終えると、暫し沈黙。自分でちと違うと判断して弾き直しました。あーピアノ要らないなと思いました。ギトリスとティボーの、高い音程でのピアノとの共演聞き、マスターさんの話の意味も分かりました。ありがとうございました。もっと書きたいけど字数がたりないー

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

lab********さん

2014/2/1718:51:06

人によって意見は異なりますが、私の考えでは、バイオリンの基本は音を覚えて、その覚えた音を出すということです。決して楽譜を見て、それらしい位置を指で押さえて音を出すことではないです。この違いを知らないままバイオリンを練習している人が多いようです。別の考えを否定するつもりはないです。

ピアノで音を出して弾くのは、このごく最初の音を覚えるまでは、有効な方法と思います。もし、可能なら先生が音程を教えるときに、その音だと言った時の音を、子供が覚えるようにするのが理想です。子供に、音を覚えてから出す習慣をつけると言いでしょう。覚えるのはその場だけの一時的な記憶でかまいません。既にお子さんは自然に覚えていますが、覚えようとしているわけではないのでポイントも押さえられていませんから、意識的に覚えて弾くようにうするといいです。

バイオリンは音の高さによって音色が微妙に違います。ほんのわずかずれても音色が変わります。ですから音を覚える時は、ピッチだけでなく音色と一緒に覚えるようにします。たとえば、G線のレの音は隣のD線が共鳴するピッチの時は非常に良く響くのですが、少しでもずれるとそこまで響かない鈍い音になります。また、ドの音は共鳴する弦がないので、正しいピッチでもあまり響かないくすんだ音色になります。

絶対音感にこだわる必要はなく、むしろ、演奏する一つ一つの音を覚えるようにしてみてください。練習終わったらその音を忘れてしまってかまいません。音を出す前に覚えていればいいのです。そうすることで絶対音感同等の能力が身に付きます。多くのバイオリニストは絶対音感がなくても自分が出すすべての音を繰り返し覚えてきているので、問題ありません。また、平均律以外の音階もそういう方法で覚えていくことができます。

相対音感という言葉は、絶対音感があるなら相対音感もあるだろうぐらいの意味しかなく、具体的に何を意味するのかが全く不明の言葉で、その結果、人により好き勝手に解釈して使われています。つまり、相対音感という言葉で演奏について意見交換をすることは不可能です。この言葉に惑わされない方がいいです。

ピアノは邪魔にはなりませんが、子供の時は平均律よりもバイオリンのような完全五度に基づく音程の方が音楽的な学習には重要であると思います。それは音楽史の歴史と子供の音楽的な成長の順序が同じだからです。個別発生は系統発生を繰り返すという生物学的な考えです。

とは言いながら、子供が頑張る辛さとそこからくる楽しみというバランスを経験しながら、練習していけるといいと思います。

bok********さん

編集あり2014/2/1717:51:22

基本的な誤解のみ回答
ピアノは平均律で調律済み。奏者は手を出せません。
バイオリンは奏者が自分の音感で純正律に調整しながら演奏。

絶対音感と相対音感のことは気にしない。バイオリン奏者に必要なのは相対音感。ピアノをやってると習得のしやすいのが絶対音感。

調律にはピアノかチューナーか音叉か基準音は必須でしょ。各弦の音程があってれば取り合えず曲にはなるけど。

kom********さん

2014/2/1714:46:42

音感を鍛えるという意味でも、
音階練習はピアノには合わせない方がいいでしょう。

恐らく、バイオリンは純正律(正確にはピタゴラス音律)
ピアノは平均律、と言いたかったのだと思いますが、
一般の人には違いは分からないので大丈夫です。
http://www.youtube.com/watch?v=GOLjzZ1iPXk

楽譜の音を確認したり、伴奏をするために
ピアノはあった方が練習しやすいと思いますが、
ピアノで音程を確認することには様々な意見があり、
先生の方針もあると思うので先生にも聞いてみて下さい。
知恵袋で質問されても、先生も困惑されると思います。

バイオリンは、その日の調子によって、
演奏している本人には音程がずれが分かりづらい時があるので、
音程がずれている時には教えてあげた方がいいです。
録音して聞かせれば本人も気付くことが出来ます。

min********さん

2014/2/1714:27:30

私が習っている先生の家にはピアノがありますが、使用することはあまりありません。しかし、音を確認するには必要かもしれません。
私が思うに、初めは弾く曲のCDをよく聴くことが大切ではないのかなぁと思います。私の場合CDを聴きすぎて楽譜が必要なくなるほどでしたが、この例はあまり良くないと思います(笑)。

CDを聴きながら、楽譜を読んだりするのはいいかもしれません。

参考になると嬉しいです。

chi********さん

編集あり2014/2/1713:02:24

音を覚えるために1音1音ピアノの音に合わせて、音程の練習をするのは、良いことではありません。理由は、楽器が響かないからです。でも、ピアノの音に対して、正確に同音で弾けるようにするのは、基本中の基本なので、絶対に出来なければいけません。与えられた任意の音に対してピッタリ同音で弾けない、ということは、調弦が出来ないということになります。

ピアノの和音を聴いて、ヴァイオリンの旋律を乗せるのは、必ず出来る必要があります。

>先生の所にはピアノもチューナーもありません。
誠に残念ですが、もし、ヴァイオリンを他人の前で弾いて、嫌がられない程度に弾けるようにさせたいのであれば、違う先生に変わって下さい。ピアノが無い先生のところでヴァイオリンを習う、というのは、専門教育ではありません。

>バイオリン弾きさんは家に必ずピアノがあるものなんですかね。
ヴァイオリン奏者としてだけなら、必要とまでは言えませんが、教えるのには必要なのです。ヴァイオリンのレッスンでも、任意の単音をピアノで出された時、同音を即座に弾けるようにする、即ち、ソルフェージュを行います。

下の人は何も解っていない
>バイオリンは自分で音を聞き分けないといけないのでみなさん絶対音感でしたよ?
ヴァイオリンの調弦は必ずしも決まってはいません。また、4本弦が張ってありますので、例えば、A線DはD線と共鳴します。だから、ピッタリ正確に弾けます。また、ピッタリ正確な音程で弾くと、その独特の響きがあります。だから、調弦が正しければ、音程は狂いません。弦が古くなると、この響きが解り難くなるので、弦を交換します。

ヴァイオリニストの習性として、一度出した音は、正確に覚えています。だから、調弦が少々狂っても、正確な音程で弾けます。ヴァイオリンは周りの音を聴いて、それに馴染むように弾く楽器です。音程が調律で固定されたピアノとは違います。

古い演奏家は、音程を自在にコントロールします。
http://www.mediafire.com/?n16l8t8n7jz60hn
ティボーの演奏を聴けば、解ります。ピアノの音程とは大きく乖離しています。この乖離を表現の幅として使っているのであって、ピアノを聴かずに弾いているわけではありません。解ら無い人もいるかも、、、

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる