ここから本文です

なぜグラウンドは反時計回りなのですか?時計回りではいけないのですか?

day_a_classさん

2014/2/1917:22:52

なぜグラウンドは反時計回りなのですか?時計回りではいけないのですか?

補足小中高共に反時計回りでした・・・

閲覧数:
636
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ritux414さん

編集あり2014/2/1917:43:52

自分の学校は、時計回りですが、なぜでしょうねw回答が変ですいません(^_^;)

僕は中学生ですが、小、中、時計回りで、確か高校も時計回りですw
走ってる時の風景とか反時計回りのほうがいいのかとか、部活関係とか?すごく気になります(T_T)すこし調べてみよかなw

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hpwkq869さん

2014/2/1921:07:24

トラックの左回りは、陸上競技の長い歴史の過程でルールが統一されたものです。バイオメカニクス的な理由ではありません。

古代ギリシャのオリンピックでは、短距離走、長距離走ともにスタディオンという180m~210m(各地によって異なる)の直線競走路を用いて行われました。
長距離走は、この直線競走路を何回も往復するという形式が採られており、トラックを周回するという現在のやり方とは異なるものでした。

トラックを周回するようになったのは、近代に突入した比較的最近のことであり、近代陸上競技の発展の中心となったイギリスで最初に見られました。
この頃はトラックを右回りに走っており、1864年に始まったオックスフォード大学とケンブリッジ大学の対校戦や、1866年から始まったイギリスの選手権でも右回りが採用されていました。
右回りは、イギリスで陸上競技よりも早くから人気のあった競馬にならって決めたものだといわれています。

また、近代オリンピック大会でも1896年の第1回大会から第3回大会(アテネ大会、パリ大会、セントルイス大会)までは、イギリスのやり方にならい右回りを採用しています。

左回りに変わったのは1908年の第4回ロンドン五輪からであり、その4年後に設立された国際陸上競技連盟がルールとしても左回りを採用しました。
その内容は「左手が内側になるように走らなければならない」というものでした。その後、そのルールは改正されることなく今日に至っています。

効き足の如何に関わらず、トラックのコーナーを逆回りに全力で走ると、何か不自然さを感じ、遅くなったような気がしますが、幼い頃からトラックを左回りで走ることで、走り方がそれに適応したためです。逆に、もし幼い頃から右回りに慣れていたとすると、左回りに違和感を感じることでしょう。

kittolittleさん

2014/2/1919:16:30

心臓が左側にあるので遠心力がかかりにくい反時計まわりになったと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。