ここから本文です

茨城県鹿嶋市に高天原という地名がありますが、地図を見ても、村の鎮守の小さな神...

stomach_breakさん

2014/2/2007:50:12

茨城県鹿嶋市に高天原という地名がありますが、地図を見ても、村の鎮守の小さな神社すらないようです。

このような地名が付いた由来、時期について、教えてください。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
814
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2014/2/2013:00:56

高天原という地名が付いているのは神域だからです。
今でこそ社宅やショッピングセンターがある地域ですが遥か昔は聖域です。

高天原の西に鹿島神宮があります。
ここの参道は西から東に伸びその参道の中ほどに本殿があるという特殊な境内。
この本殿は江戸期に造られたものでもともとは参道の先、つまり現在の高天原の
地を祀っていたのです。
高天原の東、鹿島灘海岸に鹿島神宮の鳥居があるのもその名残です。

鹿島神宮の創建は神武天皇元年といわれてますから、高天原と地名が付いたのは
遥か大昔からです。

質問した人からのコメント

2014/2/26 23:14:45

成功 大変参考になりました!現地に行く機会があったときに、昔の面影を感じられたら嬉しいなと思います。ご回答ありがとうございました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。