ここから本文です

愛犬が尿結石と言われ、今度は広く見れば皮膚病とも言われました。

his********さん

2014/2/2319:40:22

愛犬が尿結石と言われ、今度は広く見れば皮膚病とも言われました。

つい最近、尿に血が混ざっていたので
個人で経営している、獣医のところへ
愛犬の尿を持って行ったら、尿結石と言われ
錠剤の薬を服用させ、尿結石用のドライフードをあげていました。
フードの会社は、ロイヤルカナン 種類は、PHコントロール
というのです。
これのせいという訳ではありませんが、食べさせているうちに
合わなかったのか、アレルギー性の皮膚病と言われました。

なので、今度は皮膚病の処置もしなければいけません。
そしたら 薬を上げ続けて 今の餌をあげ続けるか
皮膚病と、尿結石 二つとも効くフードにするか
と問われたました。
二つに効くフードにしようと思っている次第です。
それも、ロイヤルカナンでした。

でも、その獣医は ヒルズの方に変えてみれば
皮膚病が良くなるかもと言っていましたが
結局どれをあげればいいのかわかりません。

今は尿結石が治っているのですが、獣医いわく
尿結石になりやすい体質だそうです。

疑問に思うのですが、ずーっと 尿結石用の
フードをあげ続けて大丈夫なんでしょうか?
予防フードじゃなくてもいいのですかね?

皮膚病と、尿結石 どのフードをあげれば……

閲覧数:
165
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ura********さん

編集あり2014/2/2322:39:12

それは典型的なヤブ獣医の可能性が…

もう治った尿結石の初期なら、多少なりやすい体質でも、
うちの犬のように水分摂取量をしっかり増やすだけで、
コントロールできるコの方が遥かに多いですよ。
それもせずにいきなり一生療法食と言うなら、
ヤブな上楽したいか儲け主義かです。
人工的な尿結石用の療法食を与え続けたがために、
生体本来のバランスを取る仕組みが壊れてしまって、
ストルバイト結石とシュウ酸カルシウム結石(こちらの方が溶けないので怖い)を
行ったり来たりしたり、同時に両方の結石ができてしまうという、
もっと深刻で難しい状態に陥るワンコが増えています。
療法食に安易に頼る獣医にはご注意下さい。

また、アレルギーが疑われるなら、
まずアレルゲンの検査をして原因が何か割り出すのが先で、
多くのものにアレルギーがあったり、原因がわからない場合に限って
アレルギー用療法食にすべきなのに、いきなり頼るのはヤブの証拠です。
しかもヒルズに変えれば大丈夫かもって…!
フードが原因かどうかもわからないのに、最初から平気で運頼みとは、
いい加減すぎて失笑するしかありません。

もちろん相性も大きいのですが、その2つの銘柄のフードともに、
米国の消費者によるフードの評価サイトで、
5段階中下から2番目という感心できない品質のフードがベースですから、
療法食がどうしても必要な場合以外には、おすすめとは言えません。

残念ながらその程度の獣医さんも少なくないのですが、
そうでないちゃんとした獣医さんも増えていますので、
ご近所の評判などよく確かめて探してみて下さいね。
特に皮膚疾患は複雑でいろいろなので、
皮膚に強い獣医さんでないと正しい診断が難しい場合も少なくありません。

質問した人からのコメント

2014/2/24 12:25:42

降参 詳しく教えてくださいまして
ありがとうございます。
家から近いという事で、そこにしていたのですが
変えてみることにしようかな…と
思っている次第です。
もう一人に方も教えていただき
ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

inu********さん

2014/2/2403:45:41

お薬が残っているなら、それを持って別の獣医に相談しましょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる