鉄道唱歌の12番について

鉄道唱歌の12番について 鉄道唱歌の12番って2種類あるみたいですがAとBどちらが正しいのですか? A 国府津おるれば電車あり 酒匂小田原とおからず 箱根八里の山道も あれ見よ雲の間より B 国府津おるれば馬車ありて 酒匂小田原とおからず 箱根八里の山道も あれ見よ雲の間より

鉄道、列車、駅333閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

国府津駅前から小田原・湯本までを結ぶ小田原馬車鉄道は1888年に開通しています、なお、後に小田原電気鉄道と社名を変更、1900年3月21日に全線電化、日本で4番目の電気鉄道となっています。 鉄道唱歌、第1集東海道編の発売が1900年5月10日と、小田原電気鉄道全線電化後のわずか2ヶ月足らず後なので歌詞作成中はまだ馬車鉄道であり、初版発行時の歌詞に電車はおかしい、したがって、「国府津おるれば馬車ありて」が正しいと思います。 鉄道唱歌を出版した「昇文館」は鉄道唱歌第1集を発行した時点で倒産し、版権を買収した三木楽器店の前身を経営していた三木佐助により再出版されています。 ボニー・ジャックスの鉄道唱歌 第1集東海道編(1~16番)では12番、「国府津おるれば電車あり」と歌っていますが、当初は「国府津おるれば馬車あり」と注釈が付いていました。 http://www.youtube.com/watch?v=y08fuEbIgAk

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

なるほど・・・

お礼日時:2014/3/2 23:48

その他の回答(1件)

0

鉄道唱歌が出来た時代を考えると、Aはあり得ない。 時代が下って、Aに改変された可能性は有るとは思う。