ここから本文です

ギターのアルペジオについて エレキギター歴2年です。 最近レミオロメンの3月9日を...

kil********さん

2014/2/2704:05:11

ギターのアルペジオについて
エレキギター歴2年です。
最近レミオロメンの3月9日を練習しているのですが、自分はアルペジオが大の苦手で、6弦→4弦→2弦→3弦と弾かないといけないのに、6→5→3→4など

弾き間違いがすごいです。
どうすればミスを減らすことができますか?
指弾きではなくピッキングの場合でお願いします

補足すみません、補足お願いします
ブリッジに小指をおくというのが多かったのですが、そうすると弾く場所が下の方になり、音がちょっと変になるのですが大丈夫ですか?
ストラトキャスターです。
よろしくお願いします。

閲覧数:
1,421
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gui********さん

編集あり2014/3/110:14:14

ドレミの練習をしっかりやる。
http://www.rittor-music.co.jp/tomofujita/seminar/exercise06.html

ドレミの練習をしっかりやらないと、コードになったときにミスだらけになる。

2年もやってるなら、かなり弾けるようになれる時間あったのにね。
でも、遅いってことはないから、今から単音の練習を始めましょう。


追記

固定に逃げない方が後々良い方向に向かうと思います。
最初は苦労しますけど。

>捕捉に

だから小指を置くのは、ピッキングを短期間に安定させるための裏技で、本来はボディには指をつけずに弾くのが正解なんです。
しかし、質問者さんのように、ピッキングが安定しない初心者に短期間で弾かせるための教則本などで、指をボディにつけて右手を安定させることを勧める場合があります。
ピッキングする位置で音色が変わるのに気がついたのは素晴らしいことです。
その通りです。
それには、指をボディにつけずに弾くスタイルの方が適いています。
ストロークと短音の混ざった演奏にも、指をつけない方が適しています。
ここで、指をボディにつけることは、短期間でピッキングが安定し、ミストーンは減らすことができるでしょうが。
その代償もあります。
指をボディにつけた形で素晴らしい演奏をされる方も大勢いますが。
この後、何倍も苦しんで試行錯誤した結果、素晴らしい演奏ができるのであって。
ここは我慢して指をつけないスタイルを確立された方が、後々演奏の幅は一気に開けると思います。
私はブリッジ付近からネックの上まで、どこでも自分の欲しい音が出る位置をピッキングします。
曲中でもピッキングする位置を変えます。
小指を置くスタイルで慣れたので、ものすごくマイナスになってます。
ストロークの時は離して、単音でつけて、またストロークで離して、また単音でつけて。。。。。。
反対に難しいちゅ~~ねん。

つけないスタイル
http://www.youtube.com/watch?v=IN21lcvIsvM

つけるけどすんごい演奏。
http://www.youtube.com/watch?v=Bc3k3kBtqdE

クラシックは指付け御法度。

質問した人からのコメント

2014/3/2 02:42:54

本当に詳しいこと書いていただきありがとうございます。
信じて、付けずに練習してみます!
本当にありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

the********さん

2014/2/2712:39:54

こんにちは、kill1or2or4さん。

私はアルペジオだろうが3フィンガーだろうがピックを使って弾きます。
ピック弾きでアルペジオなどの分散和音を弦順通りに弾くには、何よりも 【右手の定位置を決める】 ことが重要です。
パソコンでキーボードを見ずにタイピングする「ブラインドタッチ」ってありますよね? ブラインドタッチには“ホームポジション”が重要ですが、ギターでも同じなんです。
私の定位置=ホームポジションは、「右手の手のひらの小指側の側面を、ブリッジ/サドルの上に軽く乗せる」 です。
小指の付け根辺りが1弦に来るような感覚で、ポンとそこに右手を置いてしまえば1~6弦がどこにあるか、完全に把握でき、決して違う弦を弾いちゃったりしません。

右手小指をピックガードに置く、と言うのも一つの方法でしょう。
でも私はブリッジ/サドルをホームポジションにすることを強くお奨めします。
なぜなら、「いずれハーフミュート(ブリッジミュート)などの技術が必要になる時が訪れ、その際にブリッジ/サドルをホームポジションに持っておけば容易にハーフミュートが出来るようになるからです。


定位置=ホームポジションを安定させるにあたっても相当の反復練習が必要ですが、「ギターが上手くならないヤツはホームポジションを持ってないヤツ」 と言い切って良いほど大切な要素です。


どうぞ頑張って下さい。
何かあればご補足下さい。


少しでもご参考になりましたら幸いです。

shi********さん

2014/2/2710:01:11

右手の固定が大事です

私は小指をピックガードに引っ掛けて固定しています

人によってはブリッジの後ろに手の小指側の側面を付けて固定している人もいます

慣れの部分が多いと思いますが、あのテンポならすぐにできるようになると思います

あと、ピックを見て練習するよりも頭の中でピックがどこのポジションにあるのか、どっちに動いてるのを意識して練習する方が慣れると思います
身体に覚えさせるってことです

ダウンだけで弾くよりオルタで弾く方が私はアルペジオの動きに慣れやすいです

yam********さん

2014/2/2709:31:55

弦飛び(スキッピング)の練習を頑張ってください。

http://www.youtube.com/watch?v=pdHkZlJMYzo

neo********さん

2014/2/2704:11:44

こればっかりは練習しかない
そのうち弦と弦の感覚を掴んで見なくても弾き分けられるようになる
昨日まで弾けなかったのが今日いきなり弾けるようになる
それがギター

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる