ここから本文です

以下の英文の和訳をお願いします。続きです。(2)

blu********さん

2014/3/112:59:26

以下の英文の和訳をお願いします。続きです。(2)

He was a very selfish Giant.
The poor children had now nowhere to play. They tried to play on the road, but the road was very dusty and full of hard stones, and they did not like it. They used to wander around the high wall when their lessons were over, and talk about the beautiful garden inside. “How happy we were here,” they said to each other.
Then the Spring came, and all over the country there were little blossoms and little birds. Only in the garden of the Selfish Giant it was still winter. The birds did not care to sing in it as there were no children, and the trees forgot to blossom. Once a beautiful flower put its head out from the grass, but when it saw the notice-board it was so sorry for the children that it slipped back into the ground again, and went off to sleep. The only people who were pleased were the Snow and the Frost. “Spring has forgotten this garden,” they cried, “so we will live here all the year round.” The Snow covered up the grass with her great white cloak, and the Frost painted all the trees silver. Then they invited the North Wind to stay with them, and he came. He was wrapped in furs, and he roared all day about the garden, and he roared all day about the garden, and blew the chimney-pots down. “This is a delightful spot,” he said, “we must ask the Hail on a visit.” So the Hail came. Every day for three hours he rattled on the roof of the castle till he broke most of the slates, and then he ran round and round the garden as fast as he could go. He was dressed in grey, and his breath was like ice.
“I cannot understand why the Spring is so late in coming,” said the Selfish Giant, as he sat at the window and looked out at his cold white garden; “I hope there will be a change in the weather.”
But the Spring never came, nor the Summer. The Autumn gave golden fruit to every garden, but to the Giant’s garden she gave none. “He is too selfish,” she said. So it was always Winter there, and the North Wind, and the Hail, and the Frost, and the Snow danced about through the trees.
One morning the Giant was lying awake in bed when he heard some lovely music. It sounded so sweet to his ears that he thought it must be the King’s musicians passing by. It was really only a little linnet singing outside his window, but it was so long since he had heard a bird sing in his garden that it seemed to him to be the most beautiful music in the world. Then the Hail stopped over his hand, and the North Wind ceased roaring, and a delicious perfume came to him through the open casement. “I believe the Spring has come at last,” said the Giant; and he jumped out of bed and looked out.
What did he see?

閲覧数:
947
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2014/3/116:40:38

彼は、とてもわがままな巨人でした。
可哀相な子どもたちは、今ではどこにも遊び場がありませんでした。彼らは、道路で遊ぼうとしましたが、道路は土ぼこりがいっぱいで硬い石ころもたくさんありました、それで、彼らは、そこが嫌いでした。彼らは、授業が終わるとよくその高い壁の周辺をうろついて、その中の美しい庭について話しました。「ここに入れたら楽しいのに」と彼らはお互いに言いあいました。
それから春になりました、そして、国中に可愛らしい花や小鳥が現れました。わがまま巨人の庭だけは、まだ、冬でした。小鳥は、その庭でさえずるのを嫌がりました、子供たちがいなかったからです、そして、木々は、花をつけることを忘れていました。一度、美しい花が芝生の間からその頭をのぞかせましたが、立て札を見ると、その花は、子供たちをとても気の毒に思って、再び地面の中に戻って、眠ってしまいました。喜んだのは、雪と霜だけでした。「春は、この庭のことを忘れている、だから、私たちは、一年中ここで暮らせるぞ。」と彼らは叫びました。雪は、芝生を彼女の外套ですっかり覆いました、そして、霜は、全ての木々を銀色に染めてしまいました。それから、彼らは、北風を招いて彼らと一緒にいるように勧めました、そして、北風がやって来ました。彼は、毛皮にくるまって、一日中庭のあちこちで吠え続け、チムニーポット(煙突の頭部につけた煙出し)を吹き倒してしまいました。「ここは、楽しい場所だ、あられにも来るように言わなくてはいけないな」と北風は言いました。それで、あられがやって来ました。毎日3時間、彼は、お城の屋根にバラバラと降って、ついには、そのスレート瓦をほとんど割ってしまいました。それから、彼は、庭中いたるところを全速力で駆け回りました。彼は、灰色の服を着て、その吐く息は、氷の様でした。
「なぜ春の訪れがこんなに遅れているのか分からん」とわがまま巨人は、窓辺に腰掛けて、彼の寒々とした真っ白な庭を眺めながら、言いました;「天候が変わってくれるとよいが。」
しかし、春は決して来ませんでしたし、夏も来ませんでした。秋は、金色に輝く果実をどの庭にももたらしましたが、巨人の庭には、何ももたらしませんでした。「あの人は、わがまますぎる」と彼女は言いました。それで、そこはいつも冬でした、そして、北風とあられと霜と雪が、木々の間を跳ねまわって踊りました。
ある朝、巨人が、ベッドの中で目を覚ましたまま横になっていると、何か楽しげな音楽が聞こえてきました。この音楽は、彼の耳にとても心地よかったので、彼は、王様の楽師たちが通り過ぎて行くのだと思いました。それは、実際は、小さいムネアカヒワが、窓の外でさえずっているだけでした、しかし、巨人が、彼の庭で小鳥がさえずるのを聞いたのは本当に久しぶりだったので、ムネアカヒワのさえずりは、彼にはこの世で最も美しい音楽に思えました。すると、あられが彼の手に止まり、北風が吠えるのをやめ、良い香りが、開いた窓から彼の所に漂ってきました。「やっと春が来たに違いない」と巨人は言って、ベッドからはね起きて外を眺めました。
彼は何を見たのでしょう?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる