ここから本文です

社長、専務、代表取締役、理事の違い

jsj********さん

2014/3/121:58:36

社長、専務、代表取締役、理事の違い

これを簡単に説明するとどうなるでしょうか?

閲覧数:
3,127
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

alt********さん

2014/3/209:04:19

会社の「経営者」が「取締役」
取締役のなかでその代表者が「代表取締役」で「社長」でもあります。
その下に「副社長」「専務」「常務」などの役職があり肩書きのない「平取締役」もいます。
また「監査役」というのも法的になくてはならない「取締役」のひとつです。

「理事」は会社でなく「公益法人」(学校や病院など)の、「取締役」に対応する経営者の肩書きで、「理事長」「専務理事」などと続きます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sik********さん

2014/3/621:16:49

まず株式会社に限定してお話すれば:
社長、専務、代表取締役、理事のうち、「代表取締役」のみが法律上の存在です。取締役会がある株式会社なら、必ず代表取締役を定めなければなりません。
社長・専務は、会社独自に定めた役職です。だから、「社長」のいない会社もあります(銀行は「頭取」の方が圧倒的に多い)。
しかし、世間的に、「社長」は会社の実務のトップ、「専務」は経営のかなり高いレベルにいる人、という共通認識があります(だから、「社長」という肩書きには「表見代表取締役」という効果があります。詳細知りたければ調べてください)。また、専務は取締役でないこともあります(「専務執行役員」というのも多い)。
「理事」も会社独自のものですが、役職ではなく資格であることが多いようです。役員一歩手前の資格、使用人(役員は使用人ではありません)の最高資格として「理事」を使っている会社を私は知っています。

株式会社に限定しないならば、社団法人・財団法人の法律上の役員に「理事」があります。
株式会社における取締役に類似する役員だと思えばよいでしょう。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

職業とキャリア

職業

  • この仕事教えて
Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる