ここから本文です

N社製デジタル一眼レフカメラについて質問です。

mac********さん

2014/3/413:41:58

N社製デジタル一眼レフカメラについて質問です。

N社製スチルカメラの普及機の場合、シャッターユニットは外注の製品だと聞き及んでおります。また、昨今のデジタルカメラ用イメージセンサー、果てはその周囲の基盤(デバイス?)に至るまでは家電メーカーS社ものだと。

という事は、やはりカメラ1台に関わる全てを自社開発・生産を行うC社とは、もともと先行投資の額も違えば、利率に関する考え方も違うという事でしょうか?

特にN社の場合、モノの生産台数をいたずらに増やすこともなく、流通を制限して、価格の低下も抑えるといった賢さもあるという事ですから?

閲覧数:
325
回答数:
8
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hir********さん

2014/3/506:26:53

現状のマスプロダクトは全て自社一貫生産のものはないというのが現実です。
(ビス1個まで作っている会社なんてないでしょう)

S社のセンサーはN社のステッパがなければ出来ません。
S社にはステッパを作る能力が無いのです。
でも最終製品たるイメージセンサーの能力と
ステッパの作成能力は関係ありませんが。

C社も全て自社生産しているわけでもないです。
レンズは購入したパーツを組み上げているものがあります。
(非球面レンズをP社から購入しているとC社関係者が昨年のCP+
の際に暗に認めていました)
かつては間違いなくコパルからシャッターユニットを購入していましたし。
(EOSでもコパル製を採用してましたよ)

要は自社の得意分野は活用し、
性能要件を満たし、かつコスト的にも有利であれば
購入できるものは購入して製品作りに利用する。
こうすることでエンドユーザーによりよい製品が安く届くということです。

先行投資や利益率についてはどうとも言えませんね。
自社開発することは開発者にノウハウの蓄積が期待出来る反面
コスト増(=製品価格への転嫁)を招きますし。
どの方法論がベストかと言うことではないでしょう。
N社が供給量を絞っているということも事実かどうかは分かりませんしね。
(Dfの生産量は単に市場予測の見誤りでしょう)

質問した人からのコメント

2014/3/5 09:34:51

ありがとうございます。工業系で働いた事のある人間ではないので、勉強になります!(笑)

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

inc********さん

2014/3/421:12:16

特に考え方が違った訳では無くN社にはエレクトロニクス時代に付いてゆく能力が足りなかった様です。
永遠のFマウントなんて慰めを言うファンも居ますが、AF時代に入った時ライバルの電子化マウントの真似をしたくても製品自体を出せなかった姿を私は見てきました。

その後はこの失敗も足を引っ張ったのでしょうか、自社製と言ってきたセンサも実はルネサス製でそれがバレたのも性能の良いS社製を買わざる終えなくなった為です。
センサの様な半導体は個数単価の契約ですから生産台数調整なんて無理でしょう。全体のパイが増えてれば余裕もできるのでしょうけど。

ags********さん

2014/3/420:23:07

何を問いたいのか、また、それをこのカテゴリーで問うて、何をしようとされているのでしょうか?
自社開発、自社生産できている会社が、今どき、何の意味があるのでしょうか?

カメラに限定した話ではなく、優秀なパーツを他社が開発すれば、供給を受けることにより自社開発のコストは抑制できますし、自社開発中のものであっても、その技術提供や技術提携をして、生産体制の整っているメーカーに委託するというようなことは、利益を上げなければならない民間企業においては、当然のことと思います。

それでも、その技術が国内メーカーの中で取引されている間は、日本として光学技術にしても電子関係の技術にしても守られているのです。

話はズレましたが、一眼レフのカテゴリーですので・・・、C社が使い古しの技術で、ダストリダクションまで省いて、廉価版の一眼レフを出してくるのは何のため?そうしなければならない事情があるからでしょう。APS-Cサイズと言いながら、他社は35mm判換算率1.5倍に対し、1.6倍のC社。これもそうしなければならない事情があるからです。

何にしても、我々ユーザーは、各社の出す製品が良いものであれば文句はないはず。
あなたが特定のメーカーの回し者なのか、個人的に傾倒しているのかは不明ですが、N社、C社などと真偽も確認できないのに、つまらん事を書き並べるのではなく、もう少し広範囲を見るべきではないでしょうか。
ネガティブキャンペーンを貼ろうとしているのなら、筋違いですよ。

dum********さん

2014/3/418:11:18

会社としての方針だと思います。
N社の場合は、良く言えば質実剛健、開発もしてますし、自社ですべてを賄うかは、会社規模に照らして判断でしょうか、また価格の安定化も例えば、地方と都市圏で購入で価格が極端に違うとか、古くなった機種の安売りをするというのは初めに買った方々への背信行為だと思っているのではないでしょうか。

余計なことですが、C社の場合は、囲い込むのが好き、利益は身内で独り占めという感じじゃないですか?。上手く回転している時は勢いに乗って調子が良いですが、不調になると子会社の存在がマイナスとなる。
新技術等で他社を凌駕してるときは、C社が一番!という宣伝を盛んして、弱気になると値引き販売をする。
(昔はC社の製品を幾つか使った者の、独り言ですよ。)

kaz********さん

2014/3/414:16:47

カメラは特許の塊です。
カメラの機能は、その会社でも大同小異なので、自社で開発した(つもりの)技術が他社の特許を侵害しかねないことが多々あります。
せっかく開発しても特許料を払うことになり、その特許料を価格に転化できれば良いのですが、転化できなければ自社利益を圧迫することになってしまいます。

C社はどんどん技術を開発し、使うか否かにかかわらず、特許を取るのが会社の方針です。使わない特許もたくさんあります。
すぐに必要ではない技術でも、いつかは使うかもしれないし、他社が同じ技術を開発して先に特許を取得してしまえば、その開発した技術を使うことができなくなるからです。
そうはいっても使わない特許の開発費は、当然、商品価格に転化されています。

他社が開発した技術をそのまま導入すれば、その特許は開発した会社のものなので、使わない特許は不要です。

その考え方の違いと思います。

nik********さん

2014/3/414:06:28

経営資源の選択と集中を図らねば生き残れないということです。 全て自社で賄うということが内的要因・外的要因を分析したうえで、可能であるし、的確であると判断すれば、そうするでしょう。
Nikonがレンズまで外注を始めたらユーザーはソッポを向きますよ。

まじめに回答したけど新手のネガキャンじゃないよね?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる