ここから本文です

設計住宅性能評価書って意味あるものなのでしょうか?

jap********さん

2014/3/1111:31:37

設計住宅性能評価書って意味あるものなのでしょうか?

住宅性能評価書には設計住宅性能評価書と建設住宅性能評価書の2種類があるようですが、設計住宅性能評価書は何のために存在するのでしょうか?
設計どおりに建設されないこともあるわけですから、消費者にとってみると出来上がった建物の性能は建設住宅性能評価書一本にしぼられるべきではないかと思うのですが・・・。
素人考えで申し訳ないのですが、教えて下さい。

閲覧数:
847
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fir********さん

2014/3/1220:46:40

仰るとおりですね。
ですので、設計住宅性能評価をとった物件は 建設住宅性能評価も取るべきだと思います。

建設性能評価を取られ、かつ長期優良住宅の維持管理(家歴書)を実行していれば
永年に渡り、不動産価値のたいへん高い建物となるはずであります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる