ここから本文です

ぎょうざの皮がやわらかく焼ける方法。 べたつかないように。。

ful********さん

2007/8/912:07:08

ぎょうざの皮がやわらかく焼ける方法。 べたつかないように。。

ぎょうざを焼くといつも周りの皮の部分が硬くておいしくありません。 生餃子を使っていて水も記載されている分量でやってます。 テフロン加工のフライパンなのでこげつく失敗はありません。 おいしく焼けるコツを教えて下さい。

閲覧数:
3,645
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gok********さん

2007/8/913:57:07

餃子を何個焼くかにもよりますが、テフロン加工のフライパンならば、皿に油を入れて、1個ずつ餃子の下側に油を少量付け、放射線状に間隔を空けて並べ入れます。(円を描くように)

並べ終わってから火を着けましょう!(中火で)

フライパンが温まってきて、焼け始めてきたら焼き面を確認し、軽くキツネ色になったら、餃子の約半分程度かぶるくらいの「お湯」を入れていきます!

一般的には「水」を入れますが、「水」を入れる事によってフライパンの温度が下がり、べたっとした餃子になりやすいです。プロは必ず「お湯」を加えて焼きます!

中火のまま蓋をして5~6分焼いた頃に、ほとんどの水分が無くなっていますので、蓋をはずし強火で一気に余分な水分を飛ばします!(約1分)

焼き上がる直前に、ごま油をさっと加えフライパンをゆすって、餃子が動くようにして30秒ほど焼いたら火をとめて、フライパンより少し小さめのお皿をかぶせて、ひっくり返せば・・・!

あら、簡単!お家でプロ並の餃子が完成します!!

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mur********さん

2007/8/912:32:18

餃子が1/3つかるくらいのお水をフライパンに入れます。 火にかけてそこへどんどん餃子を入れます。 フタをする。 すぐに沸き立ってきます。 そのまま水分が無くなるまで強火。 水分が無くなるころには餃子も柔らかくなっているはず。 途中でふたを取って、くっつかないようにフライパンをゆすってあげてね。 くっつきそうになるタイミングで、オイルをまわし入れます。 餃子の下にもオイルが回るようにしてあげてください。 相変わらず強火です。 あとはいいこげ色がつくまで焼くだけです。 いつも、スーパーで買った餃子がこれだけうまく食べられればいいねえ、と言われるよ。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる