ここから本文です

オゾンと環境と植物について こんにちは ある植物がオゾンを植物界の中でも軍...

jaj********さん

2014/3/2421:17:24

オゾンと環境と植物について

こんにちは
ある植物がオゾンを植物界の中でも軍を抜いて発生させるため、地球温暖化を防ぐ役に立つ

という文を読みました
そこでオゾンについて少し調べてみましたが
オゾン自体は人体や植物に悪い?というような文がありました

これはどういうことでしょうか
オゾンを含め科学的なことも、また環境のこともわからない私ですので
単にオゾンを発生させる植物があるとしたらオゾン層破壊を防ぎそうだな、と単純に考えてしまうのですが

この点どうなのでしょうか
わかりやすく教えてください
どうぞよろしくお願いいたします

閲覧数:
219
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

b_f********さん

2014/3/2513:35:11

オゾンが温暖化防止に役立つということはありませんし、すでに出ている通り植物が直接オゾンを発生させることもありません。
ただ、酸素濃度が濃いところに強い太陽光が当たるなどすればオゾンが生じますので、森の中などでは微量のオゾンが発生しているケースはあります。

で、オゾンそのものはいわゆる「活性酸素」であり、動植物にとって毒になります。
でも、オゾンには殺菌消臭作用もあるので、微量であればむしろ良い効果を生む場合もあります。
森林で生じる程度のオゾンであれば、プラスの作用にとどまる場合が多いので、それが心地よさ・爽快感につながる場合もありますね。

ちなみに、コピー機やレーザープリンター、放電式空気清浄器なども微量のオゾンを発生させます。
コピー機の近くにいると独特の臭いがすると思いますが、あれがオゾン臭ですね。

それと、地表面近くでオゾンを発生させても、オゾン層を補強することにはなりません。
オゾンはすぐに分解されてしまいますので、そもそも成層圏まで上がりませんから。


というわけで、お読みになった文章はかなり眉唾ってことになるかなと思いますよ。

質問した人からのコメント

2014/3/25 20:48:21

感謝 最初に投稿頂いた方も既にわかりすかったのですがこちらの方の方がより知りたい部分に添っていたのでBAにさせて貰います とてもすっきりです* 本当に本当に質問してよかったです! 勉強になりましたお二人ともありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

hiy********さん

2014/3/2505:49:09

その文はでたらめです。オゾンを出す植物はありません。オゾンが多いと植物は葉に障害が出たり、枯れたりします。

対流圏オゾンは温室効果ガスです。また、光化学スモッグの主成分であり、目やのどに痛みを感じたり、木が枯れたり痛んだりすることがあります。北海道の摩周湖の透明度が低下したのは中国から飛来したオゾンが湖岸の斜面の木に害を与えて土が流れ込んでいることも一因という報告もあります。

対流圏のオゾンが増えても成層圏のオゾンは増えません。成層圏のオゾンは紫外線を吸収しますから、わずかですが地表を冷やす効果があります。

成層圏オゾンはオゾンを破壊するフロンの利用が禁止されたため、少しずつ増えていてあと50年位で元の濃度に戻る見込みです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる