新聞の販促員って怖い人いますよね。

政治、社会問題1,969閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

1

1人がナイス!しています

その他の回答(11件)

0

悪いひとばっかりじゃないですよ、うちは1年契約で現金15000円+商品券5000円を毎回もらってますよ、契約切れたら2ヶ月くらい別の新聞とってまた1年契約して現金15000円+商品券5000円をもらいます。条件をきちんと聞くといいこともあります。

0

普通はその地域で新聞を配達しているお店の人たちが勧誘に来ますね。でも大元から(アサヒや読売)から販売店にノルマのような数字を出されていて、配達員だけでノルマに届きそうにない時は拡張員を送り込んできます(←すごいでしょ?)。表では綺麗な顔して、裏ではこれですよ、新聞会社なんて。 拡張員は、例えば3ヶ月後から半年新聞を購読してもらう契約をとると、その契約書を販売店に持っていって、現金に変えてもらえます。非常にいいお金になるので拡張員は、一人暮らし、年配の方、女性などを調べておいて強引に契約させます。こいつらは半分ヤクザみたいなもんで、見た感じからしてそういう雰囲気を漂わせて、断りにくいようにしています。 私は配達をしていましたが私の周りの拡張員もチンピラ風情の、人が嫌がることをわざとやるような男ばかりでした。どういたらいいんでしょうね~。販売店としては拡張員が契約すると高いお金を出さなくてはいけないので困っていますし、損です。本当は大元がやらせてるわけですから、大元が悪いんですが、どうせ白を切るだけですからね~。アサヒも読売もこんなことしておいてキレイ事言うな!って思います。回答になってなくてごめんなさい。

0

昔は読売新聞の拡張員が最悪でしたが、 今は朝日新聞の拡張員が最悪ですね。 毎年3月ごろになると、夜中にしつこく訪問しては、 取らないとヤクザみたいな奴が来ると脅しをかけてきます。 朝日新聞に抗議しても、販売店の責任だと言われ電話を切られました。 最近も、朝日新聞の拡張員が陰惨な殺人を起こしましたしね。 なんで朝日新聞は、暴力団まがいの販売店ばかり囲っているのでしょうか。 本社とは無関係を装った下部組織に好き放題暴れさせて売り上げを伸ばす。 朝日新聞社のやり方は酷すぎです。

0

怖かったです~!「○○(大家さんの名前)でーす」というのでチェーンをはずしてドアを開けたら、金髪+紫のソフトスーツの新聞屋さんが・・・。強姦されて殺される、もうダメだ!って一秒くらいの間に考えちゃいました。断ると意外と素直に帰って行きましたが、あの恐ろしさはまだ忘れられません。

0

「殺人までは行かなくても」 うちの近所では、新聞勧誘員に殴られて重態になった人がいました。 どこの新聞の勧誘員かはあえて書きませんが。 最近は少しはマシになったとは思います。 そりゃ危険な人はいますが、そういうのが来た時には、普通に警察呼びますね。 ある新聞は、服装スーツで礼儀正しい販売員だったものの、異様にしつこかったです。 また、ある新聞は、モノホンの暴力団員と見紛うばかりの人が来ました。 勧誘員は、各販売店が契約しているので、本社に言っても けんもほろろ、暖簾に腕押しなんですよね。 本当のところ、販売員の良し悪しで新聞が読まれないということがあれば、 新聞社側にとっては非常に不幸だと思うんですけどねえ……。