ここから本文です

畑への肥料施肥量についての質問です。

ビビ子さん

2014/4/2016:38:20

畑への肥料施肥量についての質問です。

トウモロコシを例でいいますと、タキイ種苗に書いてあったトウモロコシの元肥施肥量が1aあたりN・P・Cそれぞれ2~2.5㎏となっていました。
これは堆肥の含有養分を抜きにした量なのでしょうか?
もし抜きにしないのであれば、近所のコメリのけいふん15㎏でN2.5% 370g / P6.0% 900g / C2.5% 370g 含有ですが、2本もやれば 上記トウモロコシを施肥量のPがほぼ満たされます。そんなもんでよいのでしょうか?

補足すいません。質問が抽象的過ぎました。
私が何が知りたいのかと言いますと、どんな作物でもですが、年間の成分量に堆肥の成分量も含めるのかということなんです。

閲覧数:
839
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2014/4/2109:43:39

再補足

年間の成分量に堆肥の成分量も含めるのか・・
堆肥の施用目的の一つには微量要素の補充がありますが、計算したり数字を意識して入れてる人はいないでしょう。また微量要素は年単位で考える必要もありません。
三大要素については常に意識して過不足なく化成や単肥で補う必要があります。

以下最初の回答
鶏糞も広い意味では堆肥ですが一般には肥料として扱われます。いわゆる他の堆肥に比べて肥料分が多くかつC/N比が10以下と低い(その鶏糞もおそらく一桁)からです。
なので一般的な堆肥は肥料設計の際その肥料分はほとんど無視しますが、鶏糞の場合は肥料設計に加味します。

ただし、有機質肥料のなかでは比較的即効性のある鶏糞でも化成ほどのスピードでは効きません。従って元肥に使う場合でも2週間から1ヶ月以上前に畑に鋤きこんでおく必要があります。
また、年間の窒素放出率は80パーセントくらいですので、トウモロコシの栽培期間中の放出量は50から60%と考えたほうがいいかもしれません。

以上は窒素の話ですが、リン酸は多すぎても問題になることはほとんどないので、窒素を中心に考えて化成を組み合わせたらいいでしょう。

補足
最後が曖昧になりました。

鶏糞のリン酸放出率のデータは見たことありませんが、自分は窒素と同等と考えてやっています。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

promenadeさん

編集あり2014/4/2020:00:28

質問が抽象的すぎます。
栽培品目で施肥の効率は違います。
トウモロコシなどは吸肥力が強いので薄い施肥かつ緩行性資材が初期は適正です。
ですが、栽培中期にもなると即効性の化成肥料が推奨されます。

ちなみに、トウモロコシは圃場コントロールに使用することが多いので施肥はほとんど行いません。
畑地への施肥の参考作物としてはそもそも不向きです。
また有機資材と化学肥料では効果時間や意味合いが全く違うので混ぜこぜにして話をすべきではありません。
肥料という括りで話を進めたいのでしょうが、そういうものではありません。

例えば事務にて、データ蓄積を書類で行うのとハードディスクに行ったものを同じデータであるからといって、保管の方法や管理は同じではないというのと同等に違います。

追記---
>年間の成分量に堆肥の成分量も含めるのか
土壌肥沃度という言葉はご存知でしょうか?
何の肥料も無く栽培していく力があるかどうかを計ることですが、地力の損失を防ぐ作用を有機資材で行います。・・・行うのですが、これまた大量に有機資材を施肥すれば勿論肥効果も得られるわけです。
含めるか含めないかは施肥する人次第です。

meg********さん

2014/4/2017:56:53

タキイの言うことを信用するかどうかの話ですね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる