ここから本文です

工事請負契約書に遅延損害金の条項があり、その中で算式も記載されている場合は、...

mat********さん

2014/4/2216:46:24

工事請負契約書に遅延損害金の条項があり、その中で算式も記載されている場合は、工事遅延により発生する費用は別途請求できますか?
それとも微々たる遅延損害金のみしか受け取れませんか?

今回は、繋ぎ融資利息、仮の宿泊費用、消費税の増税負担分、遠方への子供通学費、などです。
ちなみに当初工期は26年3月25日でした。工期遅延は施工業者のミスでそれは認めています。

閲覧数:
885
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nt1********さん

2014/4/2418:10:57

契約書の解釈によりますが,遅延損害金の条項が損害賠償の予定として記載されているのであれば,民法420条により,それ以上の請求はできなくなります。但し,具体的条項の記載内容次第では,消費者契約法第8条に反するとしてその条項が無効と解釈される可能性もあります。遅延期間が長期に及ぶのであれば,おっしゃるとおりつなぎ融資や宿代など増額費用もばかにならない可能性もあります。弁護士の無料相談などで意見を聞いてくるのもいいかと思います。

質問した人からのコメント

2014/4/24 19:34:59

降参 ありがとうございました。


弁護士に聞いてみた方が良さそうですね。
無料相談なんかが見つかれば、聞いてみます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる