ここから本文です

歯医者で虫歯の治療を何回にも分けるのは普通ですか?

アバター

ID非公開さん

2014/4/2512:10:25

歯医者で虫歯の治療を何回にも分けるのは普通ですか?

ある歯医者さんに通っていますが、虫歯を何回にも分けて治療しています。
1回目
虫歯発見→削って型を取る
2回目
型を取った銀歯をはめる。
新たな虫歯発見→次に治療します
3回目
新たな虫歯を削って型を取る
4回目
型を取った銀歯をはめる・・・

と、このような流れで一つの虫歯につき2回くらいに分けて一つの虫歯を治療します。
私としては、行くたびに3000円近く払うので、
新たな虫歯を発見した時点で「次回治療しましょう」ではなく、
その場で治療してもらいたいのですが・・・
特に、2回目の銀歯をはめた日は10分ほどですぐ終わったので、
そのまま新しい虫歯を治療してもいいんじゃ・・・と思いました。

虫歯の治療を数回に分けて行うのは普通のことなのでしょうか?
それとも、「もっと一気に治療してほしい」と要望を出して良いものなのでしょうか?
また、一回に平均3000円の治療費は普通でしょうか?
治療回数と、料金について、教えて頂けると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

閲覧数:
1,184
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

clo********さん

編集あり2014/4/2512:21:11

昔まったくその様な歯医者にかかったことがあります。当時は引っ越してきてすぐだったので分からなかったのですが後にヤブだという噂を聞き腑に落ちました。
後で他の歯医者にかかるようになってみて、虫歯治療にそんなに何度もかからないことも知りました。
今はネットで口コミなども見ることができます。
疑問に感じるなら他の歯医者に行ってみた方がいいと思います。

あと一回3000円は高い方だと思いますね。もちろん治療の内容によると思いますが、虫歯二箇所でも2000円×2回だった様な。曖昧で申し訳ないですが、3000円はかからなかったと記憶してます。

アバター

質問した人からのコメント

2014/4/30 23:26:18

ありがとうございます。myapuu721さんの回答も納得でした。その病院は混んでおらず、患者は私一人だったので、余計に「もうちょっとやってくれたらいいのに・・・」と思ったのかもしれません。この質問の後に行った時も15分の治療で3000円でした。今度同じことがあったら、なるべくまとめてやってほしいと聞いてみようと思います。親切に回答頂きありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mya********さん

2014/4/2922:53:55

保険診療で、1人の患者さんにそんなに長い時間は掛けられないという事かも知れません。

そのとき10分で終わったから、他の歯の治療を、と続けたら時間が長引いて次の予約時間に影響する可能性もありますよね。

治療代に関しては、保険診療は国が決めた点数によって出されるものなので、明細をよく確認して、分からない場合は聞いて良いかと思います。

なお、保険点数は毎年改訂になりますから、他人の治療代の話は参考程度に考えた方が良いかと。

kik********さん

編集あり2014/4/2515:53:34

咬合紙で、完全調整できない。2つ一度に治療すると、早期接触がどちらか特定できなくなる。顎関節症発病の危険が高まる。
10μm未満の調整は、一本でも調整が難しい。
歯科医師が説明しないために時間をかける理由がわからない。





!!一部の歯科医師が噛みあわせと顎関節症が、無関係として噛み合わせを破壊して顎関節症に発病させています。症状が重度、治せないために自殺に追い込まれます。生命を守るために 早期に治るよう治療の参考にしてください!!
顎関節症(医療文献の引用)
症状
頭痛、目めまい、吐き気,咬合痛(歯根膜炎)、夜間の噛み締め、開口障害、顎関節音、肩凝り、胃腸障害、手足のひえ、腰痛、倦怠感、その他複合した症状を呈する。刺激が脳に伝達され、神経の誤作動、神経の調整機能を喪失させるために起こる。病院では原因不明のため自律神経失調症という病名が付される。患者は、歯とこれらの症状とを関連つけることはできない(説明されないため)。病院を転々として、重度になれば、寝込むようになり、自殺を考えるようになる。
原因
局所的要因 10~60マイクロメーターの歯の早期接触(歯科医師の人工物や不要な咬合調整、矯正、抜歯、親知らず、虫歯の放置噛み合わせが悪く永久歯が生えた等により引き起こされる。)
精神的要因 監禁等の強いストレスを受けた場合。
身体的要因 骨折等の重度障害、頬杖、硬いものを食べた等、顎に負担をかけた。
治療(局所的要因)
大学病院歯学部で治療を行っている。早期接触を取り除き均等加重にすることが必要。10μmの早期接触を感知できない咬合紙で、10マイクロの早期接触がないよう調整することは不能(咬合紙厚30μm)。歯科医師は、通常治せない。問診で早期接触位置が特定できる場合は治る可能性大。
親不知は通常抜くことで完治する。例外あり。

気をつけること
歯科医師が原因の顎関節症は、歯科医師が、原因不明とかの虚偽説明をしています。治療が妨害されています。歯科医師の説明を鵜呑みにしないことが大事です。人を病気にして金を稼ぐ犯罪です。
咬合紙をみて噛み合わせいけるなどと虚偽の説明をしています。咬合紙上均等加重でも噛み合わせとしては不十分です。噛み合わせが正常といえるには、歯根膜が感知しないレベルでの均等加重が要求されます。
早期接触位置の特定法
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n25176

mus********さん

2014/4/2512:25:17

≫普通ですか?
普通とか 普通でないとかでは無いでしょう
治療計画は歯科医によって変わってきますから
嫌なら 違う所へ行けば良いと思います

≫そのまま新しい虫歯を治療してもいいんじゃ・・・と思いました。
って 言えば良いのでは?
ただ 患者さんが あなた一人とは限りませんが

≫虫歯の治療を数回に分けて行うのは普通のことなのでしょうか?
必要なら

≫要望を出して良いものなのでしょうか?
要望も出さないのなら 歯科医もあなたがどう思っているのかなど 到底分からないと思いますが・・

≫一回に平均3000円の治療費は普通でしょうか?
金額だけ言われても 分かりません
明細通りに治療しているのなら そうなのでしょうとしか 言いようがありません

≫治療回数と、料金について
あなたの状態を把握も出来ないのに どうやって そのような事が分かるのか
逆に教えてください
治療内容により 治療計画により 治療個所 あなたの状態により 全く違ってくるでしょう

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる