ここから本文です

父が長男 長女 次女の3人に共同住宅を一人に一棟づつ遺して亡くなり、亡くなった後...

dai********さん

2014/4/2523:00:16

父が長男 長女 次女の3人に共同住宅を一人に一棟づつ遺して亡くなり、亡くなった後、登記を見ると不動産業を営む長男のものになっていました。
建てる時に、父をだまし、すでに自分のものにし

ていました。
父が先祖から受け継いだ土地に父が建ててあった借家を父がこわした後に建て直した共同住宅を長男が勝手に自分の名義で登記し、そのことを父は知らず亡くなりました。父は自分のものだと信じ念書(共同住宅の名義の変更を認めない)を残しています。長男から取り戻すことの出来る弁護士の先生を探しています。

閲覧数:
130
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ger********さん

2014/4/2920:46:05

共同住宅を長男が勝手に自分の名義で登記:保存登記やろか?
保存登記が出来たいうことは、建表は長男やろ、つまり長男の所有権証明書がなければ保存登記はありえん、つまり質問内容が客観的に絵空事。
共同住宅の名義の変更を認めない:ほとんど意味なし。登記により悪意が擬制され、「父は知らず」は主張しえない。
結論:単なる相続による争族問題であり、法律家の関与する余地なし。金さえ払えば、受託はするやろが本腰いれて争う弁護士はいんわ、間違いなく。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる