ここから本文です

時代劇とかに出てくる悪者は、なぜいつも「越後屋」なんですか?

_12********さん

2007/9/1823:23:46

時代劇とかに出てくる悪者は、なぜいつも「越後屋」なんですか?

越後(新潟県)には、昔は悪(ワル)が多かったんでしょうか?

閲覧数:
172,860
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

eir********さん

2007/9/1901:25:26

あのう、このご質問というか疑問は、掲示板の時代劇だったかの
ジャンルで随分議論されてますので、だいぶ前の過去ログに
なるでしょうが、ご参照されては如何かと存じます。

ただ、掲示板でも私見を申し上げたのですが、色々と
考えられますね。
まず、時代劇の場合にはほとんど徳川幕藩体制の時代背景
ですから、「尾張屋」とか「三河屋」とか伊勢、松坂、大阪の
老舗商人を悪者にするのは考えられませんね。
これは、TV局が勝手に自主規制?時代考証をしてるんでしょう。
しかし、三井越後屋は松坂商人なのになんで越後屋なのか?
わたし、三越ファンなんですけど、三越はなんで怒らないのだろうか?

あと、語呂合わせというか云い易いという事もあると思いますよ。
「ふっふっふ、越後屋 お主も ワルよのう・・・」
というセリフは日本語の発音として、三文字と、発音のしやすさ?
かと思います。
そもそも、江戸においては「伊勢屋」が質屋としては多かったのに
「越後から米搗きにくる」という言い回しが残ってるように
越後からの出稼ぎ?の人にたいする「やっかみ」も
あるのかも知れませんよ?

こういう事を研究していくと、文化論になるかもね!
う~ん、とりあえず掲示板の時代劇の過去ログとか
覗いてみて下さい。結構面白いですよ!

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cra********さん

2007/9/2520:39:04

時代劇を撮影するセットを作ったとき、屋号の入った立派な看板を作ったのが、「越後屋」だったから・・・
という説を聞いたことがあります。当然、お金をかけて作ったからには何度も何度も使いまわしをされています。

この看板がストーリー上、大きな意味を持つのは、悪役の下っ端が入っていった先の看板が越後屋・・・
というパターンが多かったので悪徳商人の屋号として「越後屋」が定着したのだと思います。

uni********さん

2007/9/1912:21:02

「越後屋」が、必ずしも悪役として時代劇で多用されているわけではなく、むしろコントやパロディ、漫画など時代劇をモチーフにしたバラエティで「悪商人の象徴」として使われることが多かったため、悪商人=越後屋のイメージが定着したのは、他の方の回答されているとおりです。

私などはむしろ、「相模屋」とか「上州屋」などのイメージが強いですが・・・(笑)

そもそも、かの越後屋は、江戸初期に三井高利が江戸日本橋で創業した越後屋呉服店に始まり、大火によって移転後に両替商(今でいう銀行)を併設し、それが江戸時代を通じて発展、明治以後はさらに三井財閥として発展し続け、現在の三井住友銀行や三越、三井物産、三井不動産、三井住友海上、サッポロ、サントリー、東芝、トヨタ自動車、王子製紙、富士フィルム、東レ・・・など日本有数の企業グループである「三井グループの礎となった豪商」のイメージが強いんでしょうね。
300年以上に渡ってこれだけ発展し続けるからには、裏で悪いことも多少は・・・というイメージが制作者側にあるのかなと思います(笑)

創業時の越後屋は「店前現銀売り(たなさきげんきんうり)」や「現銀掛値無し(げんきんかけねなし)」「小裂何程にても売ります(切り売り)」など、当時としては斬新で画期的な商法で拡大しており、「儲けのためにどんどんと新しいことを手掛ける」というイメージもあります。

ただ、三越や三井住友銀行からクレームがつかないのかが不思議ですね。

moc********さん

2007/9/1908:06:42

三井越後屋は、まさに、ものすごい政商でした。三菱は明治維新以後で、三井越後屋おそるべし。

sin********さん

2007/9/1901:26:22

旧国名を屋号とするのは、その創業者の出身地に由来しているんですが、
越後出身者が飛びぬけて多かったわけではありません。
実際に旧国名を用いた屋号で最も多かったのは「伊勢屋」でした。
越後出身者に悪人が多かった、ということもありません。

ではなぜ時代劇に登場する悪徳商人に越後屋が多いのかというと
時代劇のほとんどが撮影されている東映太秦映画村に
「越後屋」「井筒屋」などの看板や暖簾などが保管されているのでいつでも使用可能だからです。

時代劇に登場する江戸の町火消しといえば「め組」であるのも同様の理由からです。

moo********さん

2007/9/1823:37:36

「尾張屋」でも「大和屋」でも「相模屋」でもよかったのでしょう、たまたま時代劇でつかわれた商家の名前の一つが「越後屋」だったのでしょう。

そしてたまたま、漫才やバラエティーなどTVで、時代劇を面白おかしく表現するときに使われて普及したのかもしれません。

実際に時代劇で登場する商人の名前はさまざまですね。
ただ越後屋が定着してからは、悪役で越後屋はあまり使われなくなったように感じます。

ちなみに三河屋となると、サザエさんの影響から酒屋さんとおもっちゃいます(笑)

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる