ここから本文です

もし南極に(物理的な)本社を置く会社を設立したら、税制上はどうなりますか?

fer********さん

2014/5/202:34:27

もし南極に(物理的な)本社を置く会社を設立したら、税制上はどうなりますか?

例えば南極で、データセンターとかメガソーラー発電所のような事業を行って収益を上げた場合、税金はかかりますか?
また、仮に課税されるとして、どこの国の税制が適用されるのでしょうか?

閲覧数:
208
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mak********さん

2014/5/207:22:13

南極大陸はどこの国の領土でもないので、どこの国の税制も
適用されません。

そもそも南極条約により科学観測の目的以外の設備を作ること
ができないので、本社を置くこと自体できません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ter********さん

2014/5/213:38:50

南極に物理的な施設が仮に建築できたとしても、
南極を法施行地とする、各国法が確認できないと思いますので、
いずれかの国の根拠法に基づく法人を設立しなければならなくなることから、
収益に対する課税については、その法人設立にあたって根拠法とした国の課税が及ぶことになるかと思います。
建物や構築物の所有に関して課税される固定資産税等は、課税客体が存在しないことから、課税が及ばないかもしれませんね。

hoz********さん

2014/5/213:08:29

タックスオーソリティーが存在しないので税金は発生しません。 銀行もチリが領有権を主張している地域にありますので資金決済も可能かと思います、ぜひ頑張ってください。 ただそこに入金されるということはチリの国税に課税される可能性がありますので、決済手段については現金でお願いした方が良いかと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる