ここから本文です

死刑反対派はなぜ死刑に反対しているのですか?

jpj********さん

2014/5/521:13:49

死刑反対派はなぜ死刑に反対しているのですか?

できれば詳しく教えてください

補足gamanhouさんの意見に結構グッときたわ

閲覧数:
70,648
回答数:
16
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gam********さん

編集あり2014/5/719:33:21

①犯罪抑止効果の問題
死刑制度の犯罪抑止効果は、証明されていません。逆に効果が無い事も証明されていません。
しかし、効果の有無がわからない以上、合理的な刑罰とは言えません。
日本では、年間3万人の自殺者が出ています。池田小事件などのように、死刑を望み、犯罪を犯す事例もあります。日本国憲法お墨付きの「残虐でない」死刑制度を利用する人は、今後も出てくることが容易に予想出来ます。
「自殺者の殆どが病気の苦によるものであり、死刑を望むのは稀なケースだ!」との指摘も有るかもしれませんが、現に起きており、彼らは確実に死刑になるために、凄惨で残虐な事件を起こします。こうなっては何のための制度だかわかりません。

また、出所後の再犯を根拠に死刑制度を肯定する人も居ますが、そもそも、再犯の可能性が懸念される犯罪者は、出所出来ません。
確かに、それでも出所後再犯を犯した事例は、有ります。しかし、再犯を犯さない事例もあります。
予防策として、まだ犯してもいない罪を根拠に死刑が、肯定されるなら、塀の外に居る私たちも含め、全ての人々も、いつか犯罪を犯すかもしれないので、死ななければなりません。おかしな話です。

②冤罪の問題
当然、死刑制度の有無に関わらず、冤罪は、許させる事ではありません。冤罪を無くすために司法制度や法医学は、発達してきました。
しかし、残念ながらヒューマンエラーは、必ず起きます。人が人を裁く以上、冤罪は、無くなりません。
しかし、冤罪による死刑は、簡単に無くせます。死刑制度を廃止すればいいのです。
生きて釈放されれば、日常、友人、自由などは、取り返す事が可能です。また、生きて冤罪を証明出来れば、社会的地位や名誉も取り返す事が可能です。
当然、死刑が執行されれば全て取り返しがつきません。
雲泥の差です。
よく、「なら、懲役刑で失われた時間は、どうやったら取り返しがつくんですか?」との指摘があります。
確かに時間は、取り返す事はできません。しかし、冤罪が証明されれば、服役した時間分、刑事補償法によって賠償請求できます。
時間を犠牲にしてお金を貰うという事は、会社で普通に働くのと同じ事です。普通のサラリーマンが会社に奪われる時間を合算すれば、年単位で時間を奪われる事になります。定年まで働けば、数十年です。
会社に奪われた時間は、どうやって取り返しをつけるのでしょう?
いずれにしても「失われた時間も取り返しがつかないのだから、殺しても同じ事だ」というのは、滅茶苦茶な理屈です。

また、「懲役刑で獄中死しても取り返しがつかない」との指摘も有りますが、死刑制度の話で獄中死を引き合いに出すのは、お門違いです。
塀の中でも外でも、人は死にます。当たり前ですが、例外なく人の死は、全て取り返しがつきません。
しかし、「遅かれ早かれ人は死ぬのだから、殺しても同じ事だ!」と言うなら、殺人を肯定した事になります。

③倫理上の罪
死刑囚を殺す刑務官の倫理上の罪も、解決できない問題だと思います。
合法とはいえ、無抵抗な(事実上抵抗できない)人間を殺す事になります。
殺人事件によって犯した罪と、死刑によって奪われる死刑囚の命が等価賠償と言うなら、死刑囚を殺す刑務官の罪は、どうやって償うのでしょうか?
「命には、命で償うべきだ!」と言うなら、刑務官も死ななければ辻褄が合いません。

④人権の問題
よく、「犯罪者に人権は、無い!」などの発言を目にしますが、
ーーーーーーーーーーーーーー
じん-けん【人権】(human rights)
人間が人間として生まれながらに持っている権利。実定法上の権利のように自由に剥奪または制限されない。
ーーーーーーーーーーーーー
....と広辞苑にあります。これが人権の定義です。
つまり、人権は罪の大きさや、罪の有無によって剥奪できるものではありません。
許せないからといって剥奪できるものでもありません。
さらに、国連は、市民的及び政治的権利に関する国際規約で、「人は全て、生まれながらにして生きる権利を有する。この権利は法によって守られるべきである。誰もこの権利をみだりに奪ってはならない」(-国際人権規約第6条1項-)と定めており、死刑制度は、これに反します。
また、日本国憲法でも、第25条1項の生存権について「すべての国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」と有りますが、死刑制度では、この生きる権利が黙殺されているのが実情です。

よく、「なら被害者の人権は、どうでもいいのか!?」との指摘も有りますが、加害者を殺しても被害者の人権を守ったことになりません。
また、死人より生きている人の人権が優先されるべきです。

ちなみに、私は、上の方がおっしゃるようなアカではございません。

以上。

【補足より】

恐縮です。。
((≡ຶ⚲ ≡ຶ))

我慢砲

質問した人からのコメント

2014/5/12 08:16:35

皆さんありがとうございました

「死刑反対派の意見」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/15件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jun********さん

2014/5/1119:56:21

gamanhouさんの回答に、かなり呆れたわ!

los********さん

2014/5/1012:21:03

死刑反対派ではありませんが冤罪事件の多さは異常だと思います。

無実の罪で死刑になった人も多いのが悲しいですね。

gom********さん

編集あり2014/5/1008:26:12

日本国民救援会(日本赤色救援会)という、過激派を死刑から救済してきた
団体が中心にやっているのです。
弁護士とか法曹関係者が、一生懸命過激派を支援していた事が
もともとのはじまりです。
高齢者や障碍者など真の弱者は基本救済せず行政におまかせするので、
どういう方が支援されているのか、調べると何かわかると思います。
わかったらここに書き込みお願いします。

nee********さん

2014/5/1005:52:04

相手が大きすぎると死刑にできないヘッポコ司法に極刑は贅沢だ。
中日本高速道路の職員だろうが役員だろうが、やつらに対して死刑判決だしたら賛成してやるよ。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000026545.html

それと残忍な殺し方をしても18歳未満の少年なら死刑にならないのもヘッポコだ。
コンクリ殺人事件の犯人なんてワルとして人殺しの箔をつけてやっただけじゃねえか。

飯塚事件の再審請求は却下され続けてる。冤罪なのに処刑したのがバレるのが、そんなに恐いのかw

要するに中世レベルの日本の司法が極刑判決だせるなんてダメダメだから死刑反対。

tra********さん

2014/5/819:33:59

基本的法制度に関する世論調査(平成21年12月調査)

この調査の標本数は3000人で有効回収数は1944人(64.8%)
うち「場合によっては死刑もやむを得ない」としたのは1665人(85.6%)
「どんな場合でも死刑は廃止すべきである」としたのが111人(5.7%)
「わからない・一概に言えない」が168人(8.6%)

以下は廃止の理由

「どんな場合でも死刑は廃止すべきである」という意見に賛成の理由はどのようなことですか。この中から、あなたの考えに近いものをいくつでもあげてください。

約34人(30.6) 人を殺すことは刑罰であっても人道に反し、野蛮である

約47人(42.3) 国家であっても人を殺すことは許されない

約48人(43.2) 裁判に誤りがあったとき、死刑にしてしまうと取り返しがつかない

約21人(18.9) 凶悪な犯罪を犯した者でも、更生の可能性がある

約33人(29.7) 死刑を廃止しても、そのために凶悪な犯罪が増加するとは思わない

約62人(55.9) 生かしておいて罪の償いをさせた方がよい

約10人(0.9) その他

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる