ここから本文です

生徒会やら風紀委員が絶大な権力を持っている漫画のさきがけは何でしょうか? 90...

sum********さん

2014/5/1223:23:25

生徒会やら風紀委員が絶大な権力を持っている漫画のさきがけは何でしょうか?
90年代後期にはすでに居ましたが。

閲覧数:
726
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gui********さん

2014/5/1302:48:24

「魁」と言えるかどうかですが、'74に連載開始された「男組」は
「ギャグと紙一重の、異常に強大な“生徒会”」というモノを劇中に
据えたごく初期の有名作では。

画像は、主人公のライバル「神竜剛次」。本作では、「実は戦後日本を
牛耳って来た」という設定の、「陰の総理」なる闇の権力者がおり、
神竜はその系譜に連なる御曹司にして学園の生徒会長(←苦笑)です。
が、もはや完全にヤクザか新興宗教の教祖にしか見えない。
でも、昨今のチャラチャラしたラノベ生徒会長なんぞとは、別格の
ド迫力です。画は池上遼一氏。

「生徒集会」は武道館貸し切り(!)で挙行され、主人公は学園内でその
日本の陰の権力体制が繰り出して来る殺し屋や傭兵軍と、拳法やテロで
戦います。もはや、作者の反権力志向だか反体制思想だかの怨念爆発と
いう体(てい)。ちなみに、原作者は今話題の(笑)雁屋哲氏。

ちなみにその「陰の総理」は、戦前戦中の満州国やアヘンに絡む汚職利権
で、戦後の日本を支配し続けて来た…という、モロにアレでナニな設定。
イヤでも思い起こさせますね、児玉誉士夫とか笹川良一とか岸信介とか…。
現 安倍“ツボ売り”晋三もその系譜です。

日本のあのテのフィクションに於ける「生徒会」なるステロタイプが、実は
学生運動とかその挫折とかいったルサンチマンから生み出されたもの…と
いう見立ては良く聞きます。本作なんか、まさにそんな感じ。

「魁」と言えるかどうかですが、'74に連載開始された「男組」は...

質問した人からのコメント

2014/5/13 04:49:50

笑う おお、ありがとうございます。
こういう昔の硬派生徒会漫画を読んでみたかったので助かりましたm( _ _ )m

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる