ここから本文です

ヨウ素とヨウ化カリウムの混合水溶液からヨウ素を取り出すとき、行う操作を記号で...

taf********さん

2014/5/2917:06:51

ヨウ素とヨウ化カリウムの混合水溶液からヨウ素を取り出すとき、行う操作を記号で選ぶ問題について。
ヨウ素は昇華しやすいので昇華法の記号を選択しましたが間違っており、答えは抽出となって

いました。
なぜそうなるのか教えてください。

補足みなさん御丁寧な回答ありがとうございました。
今回は一番丁寧に分かりやすく説明してくださった方をベストアンサーに選ばせていただきます。
ありがとうございました。

閲覧数:
2,997
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sat********さん

編集あり2014/5/2919:28:38

確かに、ヨウ素といえば特徴的な性質が"昇華"ですね。

高校化学で極端な例題を挙げれば、ヨウ素と砂の混合物などの場合は迷わず"昇華法"です。

しかし、この昇華法は加熱を伴います。砂などのように数百度台で蒸発しない物質が混じってる場合であれば無視できますが、今回は"水溶液"です。

昇華法を用いた場合、ヨウ素結晶と共に多量の水分が揮発・結露し、結露した水分と共にヨウ素結晶が再び混合物に落下してしまうことが考えられます。また、タイミングよくヨウ素結晶を得たとしても、水分を除くのが困難です。

そこで例えば、ヨウ素は非極性溶媒に溶けやすいので、ヘキサンなどを用いて溶媒抽出を行い、"常温"でヘキサンを蒸発でもさせれば、比較的高純度のヨウ素結晶を分離できるというわけです。

質問した人からのコメント

2014/5/30 07:05:27

感謝 御丁寧な回答ありがとうございました。
とても分かりやすく、納得できました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

zaa********さん

2014/5/2919:40:17

satoiwa_135さんのおっしゃる通りです。ちょっとだけ補足します。
ヨウ素 I₂とヨウ化カリウムの混合水溶液であれば、I₂はヨウ化物イオン I⁻と
結合して I₃⁻の形で溶けています。
I₂は同じ原子だけでできていますので、電気陰性度の差がなく、
実は無極性なのです。
ですので、無極性の油類で抽出すればいいというわけです。

ara********さん

2014/5/2919:23:11

水溶液だからです。ヨウ素だけではなく、水も気化します。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる