ここから本文です

ディズニーシーでの車椅子利用について 今度、友人5人とともにディズニーシー...

y77********さん

2014/6/300:15:43

ディズニーシーでの車椅子利用について

今度、友人5人とともにディズニーシーに遊びに行くのですが、足を痛めてしまい、長時間歩くことが難しくなってしまいました。
日常生活で車椅子は利

用していませんが、医者から自力で歩くことは出来るだけ控えてるよう言われてます…。

足を怪我しているとはいえ、患部が見えなければただの健常者にしか見えません。
私だけならまだしも、周りから車椅子の不正利用と見られ、友人らが悪く言われないか、また、怪我という理由で車椅子をレンタルすることが出来るのか不安です。

待機時に特別なカードを使いえると聞いたのですが、4人までと聞きました。
私自身、自力歩行が出来ない訳ではないので、車椅子を移動のみに使い、乗降や待機列は自力で行おうと思っているのですが、そのような車椅子の利用は出来るのでしょうか?

補足シーは石畳や坂があると聞きました。
平坦な道や自力で登れる傾斜の比較的緩い坂は自力で進みますが、押してもらう必要がある場所が出てくると予想されます。
一緒に行く友人の半分が男性なので、終日押してもらわなければ力に問題ないと思うのですが、通常の車椅子ではなく、介助用を借りたほうが良いのでしょうか?

閲覧数:
5,319
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

編集あり2014/6/313:36:21

こんにちは。車椅子利用の障害者と一緒に、何度かシーに行った者です。

まず車椅子レンタルですが、どこが悪いのかよくわからない(悪い意味ではありません。表現が良くないかな?)と思える方の利用も見かけます。健常者が車椅子に乗っても移動が不便なだけ。特別有利になるわけではないので、車椅子に乗っているならどこか悪いんだろうな、位でしょう。気にされる事はありません。
ゲストアシスタンスカードにしても、それで待ち時間が短くなるシステムではないので、健常者にはメリットはありません。気にせず使ってください。

ゲストアシスタンスカードはディズニーリゾート・インフォメーションセンターへの電話で予約する事も出来ます。↓
http://www.tokyodisneyresort.jp/bfree/supporttool.html

アトラクションのキャストにカードを見せると、キャストがスタンバイの待ち時間が過ぎた位の時刻をカードに書きます。その時刻にもう一度アトラクションに行くと、スタンバイやファストパスの待ち列ではない別ルートから同行者も一緒に乗り場まで案内されます。
乗り場が2階にある場合は、エレベーターや昇降機を使います。乗り物が動いている場合は、止めてもらってから乗る事も出来ます。

同行者OKが4名までだったかはわかりませんが、例えば、2人乗りの乗り物の場合、同行者1人以外のメンバーはスタンバイ列に並ぶように言われます。カード利用者ともう一人はスタンバイが過ぎた位の時間に乗り物に乗るので、出口で合流出来ます。
初めにカード提示をする時に、メンバー全員でアトラクションに行ってください。
タートルトークなどは恐らく全員一緒に案内してもらえると思います。
わかりにくい説明ですみません・・・。

カードはファストパスと一緒に使う事も出来ます。ファストパスがある場合は、カードに時刻を書かれる事なく、すぐに乗り場まで案内して貰えます。(多少待たされるかもしれません。)

介助用と通常の差がよくわかりませんが、通常の車椅子でいいと思います。元気な同行者の方が大勢いらっしゃるなら、出来るだけ誰かに押してもらいながら移動する事をオススメします。
ショップ内など、人ごみを通る時はぶつからないように進むのがとても大変です。誰かに慎重に押してもらいながら進む方が、周りを気にしながらちょっと動かして止める、などし易いと思います。

車椅子ごと乗れるアトラクションもあります。フライングカーペットは車椅子ごと乗せる時、カーペットが回転して面白いです。オススメです。
良かったら参考にして下さいね。↓
http://www.tokyodisneyresort.jp/bfree/wchair.html#bfree-tds
ーーーーーーーーーーーー
すみません、ゲストアシスタンスカードを使わなくても、車椅子のまま通路を通れれば、スタンバイ列やファストパス列を通ってもいいです。カードを使っても使わなくてもどちらでもかまいません。
私も1度、ストームライダーでスタンバイに並ぶ方がカード提示より楽そうだったので、やった事があります。キャストは車椅子を見れば、カードがなくても乗り物に乗る時補助して下さいます。
ただ、カードに時刻を書いてもらってからそのアトラクションに乗る前に、別のアトラクションを利用してはいけません。

質問した人からのコメント

2014/6/4 01:44:53

お二方ともありがとうございました!
カードは問い合わせて、事前受付をすることもできました。
お二人ともBAに選べないのが残念です…

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2014/6/309:45:43

車椅子のレンタルには、例えば医師の診断書や証明などは不要です。ベビーカーに乗れない、小さいお子さんが疲れた時用に借りる方もおられますから、その点は心配いりませんよ。

パークにある車椅子は、手押し用と、電動カート(一般に、シニアカーと呼ばれているもの)の2種類です。

手押し用は、自分でも漕げますが、普段車椅子を使っていない方には難しいかも。今まで、シーの坂道で立ち往生している車椅子のゲストを、何度も押してあげたことがあります。
電動カートも、普段使い慣れていないと、カーブで転倒する危険があります。


ゲストアシスタントカードは、長時間立って待てない方用のサービスです。TDR総合案内(0570-00-8632)で事前受付を行っているので、まずはこちらへお問い合わせください。

ゲストアシスタントカードは、スタンバイ時間を他の場所で待てる、という制度で、待機時間中、他のアトラクションを利用するのは、ルール違反になります。


今回は、手押しの車椅子と、ゲストアシスタントカードの利用で、パークは問題なく回れると思います。
同行者へは、別行動の時間を設けたり、ドリンクをおごるなど、ちょこっと気配りしましょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる