ここから本文です

サンワード貿易について質問です。 就職活動を始めたばかりの大学3年生です。

ka1zu2m2さん

2014/6/310:48:35

サンワード貿易について質問です。
就職活動を始めたばかりの大学3年生です。

就職活動を本格的に始めるにあたり、色々と情報収集しております。

投資の世界に興味があり、それに関連した会社を検索していたところ、商品先物取引(CX)のサンワード貿易のホームページが気になりました。
セミナーを開催しているようなので、参加してみたいと思っていますが、正直なところ、サンワード貿易についてご存知の方にお伺いしたいです。

1.会社の雰囲気
2.給料について
3.業界について

以上の点を中心にお伺いしたいです。
この会社に勤めておられる方、または以前勤めておられた方に回答いただけたら大変ありがたいです。
サンワード貿易でなくても、この業界に詳しい方でも構いません。
回答をお待ちしています。よろしくお願いします。

閲覧数:
2,171
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2014/6/317:01:20

サンワード貿易で以前働いていた者です。
ポジション的には中間管理職まではいきました。
答えられる範囲でお答えしたいと思います。

会社の雰囲気についてですが、いわゆる体育会系のいけいけな雰囲気です。それが好きな方にはむいているでしょうし、基本、営業の仕事がほとんどですから、実力主義の世界です。
会社というものをどういう風にとらえられているかがわかりませんか、どの企業でも同じことはいえるでしょうがここで登り詰めたければ、成績をあげることです。成績をあげられなければ上司から叱喝は当然きますので、そいう環境にまず耐えられるかどうかです。
ただし、すべて成績が給与に反映されるのは上司も同じことです。うまくやれば、上司といいコンビとなり、自分の出世にも優位に働くといったところです。決してのんびりした企業ではないというのをお伝えしておきます。

次に給与面ですが、これについては全く問題ないです。
正直なところ給与が見合わないならやる気もおきないです。先ほど、実力主義だともうしましたが、その分、成績をあげれば他の会社で働く同期よりもはるかにいい給与をもらうことはできます。

そして、この業界についてですが、サンワード貿易に限らず、どこも職場は同じ環境下でたいして差はありません。
投資に興味があり、候補としてサンワード貿易がでてきたようですが、どこの会社でも言えることは、投資を扱うものの宿命として、当然、お客様は儲かってばかりいるわけではないので、大損することももちろん、あるということです。
それはかなりの額になりますので、精神的にたえられるかどうかです。
忍耐ということが多い業界ですので、9割がたお叱り、罵声、断りは当たり前の世界です。
こういったマイナス要素の部分と、それに見合うだけの給料、うまく自分の気持ちを切り替えていける方ならかなり上までのぼりつめられると思います。
野心が強く、実力主義、成果は確実に評価されたい人には向いてる業界です。

あと、これから就職を考えてる方に言うのもなんですが、この企業である程度こなせれば、転職する際にかなり優位にはたらくと思いますよ。

質問した人からのコメント

2014/6/3 17:39:57

ご回答いただきありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gggasdasさん

2014/6/311:56:50

サンワード貿易ではありませんが同業他社で働いたことがあります。

毎朝朝礼が始まる前に日本経済新聞の商品先物の記事を読んだり前日の上場されている商品相場の値段の確認をしました。
午前9時から最初の上場されている取引が始まるため有線で「今ゴムの値段は一キロあたり○○円です。」と流れてきました。
サンワード貿易の他同業他社や商社が多数あるため値段はオークションのように値段があがったりさがったりします。(安く買って高く売りたいため)
例えばゴムの生産国が不作だと値段があがったり逆に生産が多くそんなにも必要ないのなら値段は安くなります。
ある値段以上いくとストップ高になりそれでも買いたい人は「抽選」なりその状況も有線で流れます。(その逆もあります)
電話で勧誘が主ですが「絶対に儲かる」とか「損はさせない」とかマルチ商法のような勧誘はだめです。
そのような勧誘しないためにも最初サンワード貿易を始め全国からいつからこのような商品取引がはじまったのかから今現在の上場商品についての知識などセミナーへ行き(私の場合は3日間でした)商品外務員の資格をとります。
この商品外務員の資格がないと勧誘ができません。
新規勧誘できたらその顧客に対し「商品先物について」のガイドを持って口頭はもちろん書面で説明します。
顧客はその値段になったら買いたいもしくは売りたいという指示を担当してくれた営業マンに伝えますがその金額より足りなくなってしまったら「追証」が発生し入金するように薦めます。
そのため一日中電話をかけっぱなしでした。休む暇がない状況でした。
ただ一年の終わり(株にもありますが大納会)や一年の初め(大発会)時は午前中で仕事が終わります。
まずは信頼を得るため今の日本の状況を知るため日本経済のことを知っておくべきだと思います。
そうすればもちろん自分もそうですがいろんな知識がその経営者にとってためになるかもしれないです。
あと世界各国の情勢も必要不可欠だと思います。
ゴムの作っている国の治安はどうかとか天候にも左右される上場商品もあるためその国の天気など時事通信を見て知ることができました。

riririn152さん

2014/6/311:05:03

会社に勤めていた者ではないですが、先物取引に携わる仕事をしているので回答します。

サンワード貿易という会社は金や原油など先物取引を行うためのサービスを提供している会社です。
サンワード貿易のサービスでもあるCX取引をするための口座開設をすれば先物取引ができるようになるので非常に便利です。
実際、こうした会社に勤務するとなると先物取引をするというよりもシステムの設定や管理をすることになるのでコンピュータ系の仕事の経験やスキルが特に必要となります。
実際に先物取引ではセキュリティ管理やネット上でのサービス充実のためのシステム運用ばかりになることも多いので、先物取引を専業でやりたいのであれば個人で副業としてやっていかれたほうが良いと思います。

サンワード貿易の会社の雰囲気はおおよそまじめな会社ですが、実際に会社の内部の事情はわからないです。
一般的には先物取引の会社の中はかなり事務作業が多く、コンピュータと向きあう時間が長いのでそれほど和気藹々としているような雰囲気ではないです。

先物取引をしていると給料は多くなりそうに感じるかもしれませんが、正社員として雇われている身であればそれほどお給料は高いわけではなく、長時間の労働の割にはお給料は少ないように感じています。
サンワード貿易がどうかはわかりませんが、50万円から80万円位もらえるようになれば十分充実してきているといえるのではないでしょうか。

私の知る限りでは先物取引の業界は周囲の国や社会経済に影響をうけやすいので儲かる時と儲からない時が激しいです。
また取引などで大きな失敗をすればそれだけで会社が潰れる可能性もあるので常にお金の管理や情報との戦いです。
最悪の場合、クビになってしまうこともあるそうなので責任もかなり重大になると思います。
業界でも長く続いている会社は安心かもしれませんが、そうでない会社はやはり流動が大きいので同業者としても見ていて見苦しい点が多いです。

私の会社でもサンワード貿易についても確実に安全で業界の中で100%成功していけるとは言えないので、何よりも真剣に勤務して会社を大きくしていこうとする精神が大切だと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。