ここから本文です

『「電力全面自由化」のウソ 電力の“歪んだ構造”(古賀ブログ)』2014.6.13. ⇒ ...

blu********さん

2014/6/1600:15:25

『「電力全面自由化」のウソ 電力の“歪んだ構造”(古賀ブログ)』2014.6.13.

電事連によって「電力自由化」はまた骨抜きにされるのか?



・・・

『「電力全面自由化」のウソ すでに自由化された企業向け市場で一向に競争が起きない背景 電力の“歪んだ構造”(古賀ブログ)』2014.6.13.

「4.新電力活躍のカギ握る送電網の運用機関

●規制はしないで推進するだけ?しかも天下り機関?

発電や小売などで異業種からの参入が続々発表されているので、これで競争が激化するのではないかという期待はある。しかし、その勢力が大きく伸びるためには、送電線を自由に使えなければならない。
これから進められる改革は、この点で極めて不十分だ。
発送電分離を実施するのが、2018年から20年の間で、しかも、分離の仕方は、各大手電力会社が持ち株会社となって、その下に発電と送電の会社を子会社としてぶら下げるだけということだ。これでは、全く分離したことにならない。グループ会社の発電所を他の発電会社よりも優先するのは目に見えている。

その批判に答えるために、前国会でも電事法の改正を行なっている。各社の送電線を全国的に統一して公正に運用するための機関を作るとしているが、その名称を見て笑ってしまった。普通に考えれば、送配電業務を公正に行なっているかどうかをチェックすることが最も重要な仕事のはずだから、「原子力規制委員会」のように規制機関であることを示す名前がつけられるのかと思ったら、「広域的運営推進機関」となっている。大手電力会社を規制するというと怒られるので、広域的運営を「推進する」だけですよというのだ。決して厳しい規制はしませんよ、という意思表示だ。

しかも、この機関は、電気事業者が集まって作るという。もちろん、大手電力会社が中心メンバーになるわけだ。これでは、まともな運営は最初から期待できない。今、電力会社が集まって、この機関をどのようなものにするか議論が進んでいる。例えば、意思決定するためには最後は多数決で決めなければならないが、全ての事業者を平等に扱うことにはなりそうもない。当たり前だ。大手電力会社は、絶対に自分たちが主導権を握ろうと考えているからだ。この検討の事務局は事実上電事連が仕切っている。

例えば、議決権をどう配分するかだが、小売事業者グループの総議決権数=送配電事業者グループの総議決権数= 発電事業者グループの総議決権数にしようなどという提案がされているようだが、大手電力会社は発電と送電両方に入れるから、これは極めておかしな話だ。

もう一つ懸念されるのは、この機関に経産省からの天下りが派遣されるのではないかということだ。本来は、こうした中立的な機関には、大手電力会社と癒着した経産省の関係者が入ることは避けなければならない。この機関の運用如何によって、消費者の利益が著しく損なわれることになるからだ。そもそも、電気事業法の規制権限を経産省に与えてきたから、今日の非効率な電力システムができたのだ。経産省から権限を剥奪して、独立した第三者機関に規制してもらうのが一番良い。あるいは、競争政策のプロである公正取引委員会に規制させたらどうか。

もちろん、自民党は電力会社や経産省の意向を受けて、そんなことには反対するだろう。世論の動きがそれを変えることができればよいのだが、これらの動きは、マスコミでは全く報道されてない。

実は、すでに、この組織のトップが内定した。政策研究大学院大学の金本良嗣(かねもと・よしつぐ)教授だ。交通経済学などの専門のようで、競争促進派のように見えるが、こんなに大事な人事が経産省の一存で決まるのであれば、極めて危険だ。

もう少しマスコミも関心を持って報道して欲しい。


●発送電分離は決まっていないという恐ろしい事実

送電分野で厳しい規制が導入できないのは、電力会社の反対があるからだが、その反対のせいで、そもそも発送電分離が実施されるかどうかもまだわからないということはあまり知られていない。

霞ヶ関文学として読み解くと、発送電分離を20年ごろまでに実施するために、来年法律改正することを「目指せばよい」ということだ。つまり、目指した結果、できなくても良いということになる。明らかに小売全面自由化とは扱いが違うのだ。

現に、八木誠電事連会長は、「問題が生じれば分離の是非も含めて見直して欲しい」と述べたそうだ。これは、すごいことで、発送電分離をやめろと言うぞという意味になる。彼らの頭の中では、まだ発送電分離は「未定」ということ。」



・・・

原発事故後、「原発」とは国民の命を蝕む「悪」の存在になった。

今、福島や隣接県の甲状腺がん患者数が急増を始めた。
政府は否定するが、もはや鼻血どころの話ではない。本当は心臓病や癌やさまざまな免疫疾患の病気が多発している。
国民みんなが、他人事ではなく、自分のこととして真実を見るべきだと思う。

その原発を再稼働して維持しようとする「電力会社」もまた「悪」の存在だ。




発送電分離,経済産業省,金本良嗣,大手電力会社,政策研究大学院大学,原発マヒィア,電事連

閲覧数:
756
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

c20********さん

2014/6/2104:17:47

御意。
まさに、私の懸念する【法的分離】が名ばかりの発送電分離であり、その誤魔化しを【広域的運営推進機関】と言う【電事連ないしは原発マヒィアの送配電部門】とでも言うべきモノに変更して、既存電力会社各社の子会社化するよりも一層悪い方向を目指しており、八木誠の発言にも在る様に「発送電分離だけは困る」の電事連の意向通りの【発送電一致の集団化】により、これまでよりも新規参入を阻もうとする姿勢が明確に成ったと思うのであります。
(1) 異業種大企業を中心に大規模な【新電力会社】の出現を期待出来るのは「送電網の完全自由利用」であり、少なくとも【所有分離】して送配電事業から既存電力会社の影響を無くす事が必要不可欠なのであります。
【法的分離】を行うと20%越えの法外な【託送料金】を支払っても既存電力会社より圧倒的に安い電力料金を実現出来る【新電力会社】が、その発電コストの安さと民間企業としての企業努力で現れるために、これを阻止するためにこう言う巫山戯た「(広域的運営)推進機関」と称する新規参入を封じ込めるための【新電力参入排除機関】を電事連主導で創り、電事連や既存電力会社幹部をこの「推進機関」へ大半を送り込んでその事務局・組織全体を完全支配し、議決権の配分も【新電力会社】に与えられる事が無いのは明白であります。
(2) この「推進機関」には大量に電力業界と癒着し、賄賂を貰い天下りを続けて来た経済産業省の不良官僚どもの重要な【天下り先】に成る事は目に見えており、【新電力会社】が成長して電力需要者を利する事が全く期待出来ない事は明白であり、流石は【原発マヒィア】の中核を占めて来た自民党・清和会と経済産業省の悪知恵は冴えており、欧米の「広域運用機関」のマントを着た【原発マヒィア送配電部門】と評する以外に無いと思うのであります。
(3) 電気事業法の規制権限を経済産業省に与えた事で、今日の非効率で不正と癒着が大きく蔓延る電力システムが構築されたのであり、この経済産業省の権限を剥奪して、完全な第三者機関や公正取引委員会に電気事業法の規制をさせるのが当然でありますが、自民党、電事連、経済産業省の【電力の悪の枢軸】は絶対阻止の構えで行動し、【原発マヒィア】の広報部を担当する電通支配下の大手マスコミには何等の期待も出来ないと思うのであります。
(4) この「推進機関」のトップには、既に経済産業省や安倍晋三一味の一存で、金本良嗣・東大名誉教授が内定済であり、【原子力発電を維持していくとすれば、今回の事故を教訓に、原子力発電の安全性を高めなければならない。建設済みの原発を稼働させないことのロスは非常に大きい。】との発言に代表される様に、完璧な御用学者と言える人物であり、当然に癒着関係に在る御用マスコミはこの人事を伝える筈が無いのであります。
(5) まさに、【電力小売の自由化】と言う器は不十分ながら2016年から使える事に成った訳でありますが、これが有効に機能する前提条件の【発送電分離】は別建ての「努力目標」であり、これを骨抜き甚だしい【法的分離】に留めようとし、更には都合が悪く成ればこの殆ど無意味な【法的分離】さえも行わずに、自由化とは逆方向の「広域的運用推進機関」を電事連や【原発マヒィア】の絶対支配下に置いて、【新規参入の阻止】を企んでいるのであります。
八木誠の言う通り、【法的分離】さえも「問題が生じれば止めさせる」と言う事であります。
(6) それ故に、電事連と電力総連その他の【原発マヒィア】政治業者を、【一票の格差】の及び選挙結果の改竄=【不正選挙】の無い正当性の有る公正な選挙で、少なくとも殲滅状態にして、安倍晋三一味亡き後の次期政権が【電力の完全自由化】を断行出来る政治状況を創り出す事こそ国民の責務であると思うのであります。
【電力小売の完全自由化】と【発送電の所有分離】はセットで実現させるべき事であり、国が遣る気が無いなら民間主導で【直流高圧送電網】や供給地域での【自前送電網】を整備すると言う【第二送電網】を構築して、既存電力会社の送配電設備を無力化する以外に無いと思うのであります。
(7) 原発は現在進行形の福島第一原発事故により東日本全域に被曝健康被害・被曝死を大量の発生させる【悪魔の大量殺戮発電装置】であり、これを再稼働・維持させ様とする既存電力会社と【原発マヒィア】は【悪の権化】で在ると言うべき存在であります。

【発送電分離は機能分離や法的分離では電力自由化は進められない、④の所有分離の断行在るのみ】

御意。...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる