ここから本文です

ベストアンサー以外の回答

6〜12件/12件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

blu********さん

2014/6/2119:37:55

高高度まで到達するのも大変だし、其の高度に達しても
全然速度が出ない。
そこへもってきて30mm機関砲なんて、ビビデバビデブーです。

だから局地戦闘機があるのです。迎撃用の。

zhi********さん

2014/6/2119:25:54

零戦に30ミリを積もうと思ったら、大幅な補強が必要で、それをすると飛行性能がかなり低下してしまう。
昼間迎撃に関しては、零戦もかなりの数のB29をおとしていますが、いかんせん向こうのほうが速度が速いので、反復攻撃が難しかったのです。

iko********さん

2014/6/2119:17:09

そんな重い機関砲積んだら
B-29がいるところまで上がることができません

don********さん

2014/6/2118:49:30

いや、操縦室の後部上方に接近して、後ろから機銃でパイロットを射殺します。
7.7mmでも、操縦室の屋根は簡単に抜けますから。。。。。。。。
尾翼やエンジンを壊すのは、ずっと大変ですし成功率が低いです。。

いや、操縦室の後部上方に接近して、後ろから機銃でパイロットを射殺します。...

jya********さん

2014/6/2118:46:11

B29の高度に上がるのに、零戦では熟練パイロットでも時間がかかるので
迎撃しようにもできなかったようです。

火砲をどうこう前に、ターボーエンジンで加圧されているB29のエンジンシステムに日本の航空機は遅れをとっていたし、先の回答者のいうように護衛機もあがっているので辿り着けません。

高度が上がると、酸素濃度が下がるのでエンジン出力も頭うちになるので
それもあるのでしょうね。そういう化け物がどんどん生産されるアメリカに対して
どんどん精度も落ち続ける零戦、難しいでしょうね。

ton********さん

2014/6/2118:46:10

零戦は6000m位で使うように作られていました。B29は10000m位を飛んできましたからその高度に到達するだけで大変だったようです
30mm機関砲を積んだら…重くて敵機まで到達出来なかったと思われます

e1d********さん

2014/6/2118:28:29

そもそも、高空を飛んでくる機体を迎撃するのが難しいってそこ、理解しています?だから、武装とかを取り外して、体当たり攻撃をしかけるとかする事もあったんじゃないですか。低空で飛行して来たりする場合は、迎撃可能でも、護衛の戦闘機が来るようになるとそっちも相手にしないといけない。そこ、解ってます?

そもそも、高空を飛んでくる機体を迎撃するのが難しいってそこ、理解しています?だから、武装とかを取り外して、体当たり...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる