ここから本文です

高齢者回復リハビリ入院から退院までの間で、介護申請や障害者認定を勧める事で、...

noz********さん

2014/7/206:17:05

高齢者回復リハビリ入院から退院までの間で、介護申請や障害者認定を勧める事で、病院は何か

メリットがあるのですか?

閲覧数:
277
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jad********さん

2014/7/209:03:21

殆ど無いでしょう

帰宅後のサービスを充実させることで、さっさと退院してくれれば在院日数を短縮させることが出来ます

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

nan********さん

2014/7/209:38:45

既に回答がありますが、まず無いです。
退院支援の一環として退院後も暮らしやすい生活を考えてお勧めしているに過ぎません。
(早くサービス調整して退院させたいと言う意図が皆無とは言いませんが。)
主に介護などのサービスや家屋改修、移動手段の確保などで補助があるので良くお勧めはします。
また申請から認可までに1ヶ月くらいかかるので、場合によっては入院したと同時くらいに話しをすることがあります。
家屋改修が・サービス調整が間に合わないから入院延長、なんてことにもなるのでもっと早め早めの行動をとる病院があってもおかしくはないかなと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる