ここから本文です

易姓革命と市民革命の違いを教えてください。

kyo********さん

2014/7/413:56:41

易姓革命と市民革命の違いを教えてください。

また、中国の「革命」とヨーロッパの「レボリューション」は現代では同じ文字が当てられていますが、調べると若干違うニュアンスのように思えます。
この辺りの違いも教えてください。

閲覧数:
296
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lai********さん

2014/7/414:28:25

易姓革命:王朝が交代する(王朝という基本的概念は残る)。大義名分は「今の王朝は天から授かった徳分を失ったので、天の徳を備えた私が新しい王朝を作る」。
市民革命:王朝とか封建制などの不平等なシステムから人権・政治参加の権利・経済活動の権利などを(ある程度は)平等に与えるシステムに移行する。大義名分は「人間みんな平等」とか「もっと自由を」とか。

中国の王朝は天(日本で言うと神々、あるいは神々が住まう高天原<一応補足・高天原にしか神様がおられないわけではありません。天は人の世界よりも高みにある概念上の場所を指している、と考えて下さい>)から徳分を授かった者が天子として国を治める、という考え方であり、革命は今世の中を治めている王朝がその徳分を失ってしまったので、天が王朝を見放してその命(命令)を革める(あらためる)、ということで革命と呼ばれます。
レボリューションとは元々天文用語の「回転」でしたが、突然政治体制がガラッと変わることにも使われるようになりました。革命は政治体制自体は変わらないので、その違いはありますね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

bas********さん

2014/7/418:54:30

古代中国において、一国の支配者は「王」と名乗っていましたが、全国統一を成し遂げた秦王政は王より上の位をつくる事を考えて「皇帝」と名乗りました。
彼は「私は天からこの世界を支配することを命じられた人間だ」と言った。
その後、秦は滅び、劉邦によって漢が建てられ、劉邦は皇帝となりました。

が、劉邦は始皇帝とは何の縁もゆかりも無い人間です。
「天命を受けたのは始皇帝なのに、何の関係もない劉邦が皇帝になっていいの?」
この矛盾を解決するため、劉邦は次のように言い出した。
「秦は確かに偉大な王朝だった。しかし晩年には圧政によって人々を苦しめる悪い王朝になった。そこで天はもはや秦を見限り、別のものに天命を与えた。それが私だ。」
この後、中華文明の王朝交代はすべてこの理論によって行われることになります。
これを「命(めい)を革(あらた)め、性(せい)が易(かわ)る」つまり易姓革命といいます。

これに対し市民革命は、天命など何も関係ない、王政や現体制が気に入らないから、市民が団結して暴動を起こし政権を倒して新しい政権を樹立すること。
国王や軍事政権による独裁政権が倒され、民主的な政権を樹立することを目的に実行されることが多いです。

Revolutionはもともと「回転」を意味し、まわりまわって体制が変わることを表していますが、中国語の「革命」は天命が変わることを意味するので、厳密には全く違う現象と言えます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる