ここから本文です

台風の回転方向は一般に反時計回りと言いますが、人工衛星からみた状態であり、実...

jp1********さん

2014/7/720:03:20

台風の回転方向は一般に反時計回りと言いますが、人工衛星からみた状態であり、実際に肉眼で見ようとすると、台風の下から見る事になるので、回転方向は時計回りのるのでは?
紙に台風の絵を書

き、光に透かすと意味が分かると思います。
みなさんはどう思いますか?

閲覧数:
2,628
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

uch********さん

2014/7/800:31:53

肉眼で見えるのは、10キロメートル程度まで。風雨が強いときはもっと近距離までしか見えません。台風の渦を観察するには狭すぎます。しかし、直径の小さな台風の目に立って周りの雲を観察するチャンスがあれば、まさに、その通りに見えます。一方、上空の風の動きは、台風の中心から噴き出しています。これは、上空から見ると、時計回り。下から見ると反時計回りなんですね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「台風 回転方向」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

art********さん

2014/7/808:01:46

地上からの観測は、全体を把握できません。
人工衛星から送られる映像が放送され、それを見て全体を把握したりします。
ですから、台風の進路予想や大きさなどを知るためには、人工衛星の映像を参考にするほうが良いので、その情報に従って、台風は反時計回りであるとしています。

イア

sit********さん

2014/7/720:24:04

地上から肉眼で見ることがき出る・・・半径数百メートル~数キロ程度の渦巻き
・・・竜巻や地形性の低気圧ならまだわかります。
でも、こんな小さな台風はありません。全体像を把握できるのは上空の衛星からです。
衛星がない時代は「富士山レーダー」で接近する台風を予測していました。その時代でも「反時計回りに風が吹き進行方向の右側に当たる地域は・・・。」と表現しています。
北極星を中心とした星の動きなら「観測する人間の住む地上からの見かけ上の動き」で違和感を感じませんが、これだけ気象衛星の活躍する時代に「地上から見ると時計回りの台風の風」といって納得できる方はいないと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる