ホシザキの製氷機についてです。普段はきちんと作動しているのですが、たまにコンプレッサーが止まっています。もちろん中の氷も溶けてきています。

ホシザキの製氷機についてです。普段はきちんと作動しているのですが、たまにコンプレッサーが止まっています。もちろん中の氷も溶けてきています。 リセットボタンを押すとまた普通に動き出します。 そこで質問なのですが、コンプレッサーを止めるのはどういった条件の時なのでしょうか? 詳しい型式などがわからないため、一般的な制御の概要などを教えていただけないでしょうか?どこについているセンサーを使ってこうしているなどと教えていただけると助かります。

DIY1,117閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

そんなこと説明できませんよ。。 あまりに大雑把すぎるでしょ(笑) 使用状況も使用年数も型式もわかりませんから回答もその程度です よろしくお願いします。 まず、リセットボタンってなんでしょう? 何らかの不具合が出て それを解決した上で電源を再投入する操作ですね? では・・なぜ?電源が落ちたのか・・それを調べるのですが・・ 未経験者の素人にそれが出来たら修理屋は必要ありませんよね。 まぁ。。私も素人なので大きなことは言えませんが、素人なりに出来る事を調べてみましょうか。(どこにどんなセンサーがあっても故障を調べる事は出来ないでしょう? 簡単な事だけ確認してみましょう!) まず、コンプレッサーを止めてしまうのは・・ 大きな電流が流れたときxx です。 コンプレッサーの不良は交換のみなのでコンプレッサーは正常と仮定し~コンプレッサー過電流の原因を調べます。 まずは・・熱交換器のゴミ詰りxx エアコンの室外機や自動車のラジエーターのように加熱された冷媒ガスを扇風機で冷やすアルミ製の細かなヒレが付いて居る部分。。ここを掃除します、掃除機があれば掃除機で吸い~可能であればコンプレッサーの高圧エアーで内部までゴミを吹き飛ばします。 相当量ホコリが詰まって居れば効果は大きいです。(ガスが冷却されなければ過熱してコンプレッサーが無理をして過電流が流れます) あまり汚れていなければ・・原因はココでは無さそうです。 次にコンプレッサーを止めてしまう原因に・・やはりオーバーヒートがあり、上記のコンデンサー(熱交換器)に強制空冷するファンがあります。 リセットして再起動したときに・・コンプレッサー起動と同時にファンが廻るか確認してください。 これは充分な風量が必要で・・勢いよく強風がでなければファンモーター不良の可能性が高いです。 応急措置としてコンデンサーを家庭用扇風機で冷却すると・・リセットボタンを押す状況(安全装置=サーマルが働く事もありません) 実際、ホシザキ製品であれば 基盤付近にディジタル表示やLED赤ランプが並び、不良個所を教えてくれると思います。 例えば。。E3 などであればエラーコード一覧表から不具合を調べられますし。。LEDランプ表示であれば点灯場所を見れば・・DF(デフロスタ)霜取りエラーなどから温度検知のサーミスタ不良とかヒーター異常(短絡や断線) 温度ヒューズの不良などが予測できます。 最後になりますが・・製氷機の電源は単独回路でしょうか? 他の機器へ同じ電源から分岐して居たりで使用電圧や電流が低下(不足すると)要求電力が増えるので過電流となりやはりサーマル回路が働き停止します。 修理に不慣れですと調べられるのはこの辺りで限界ではありませんかね

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。私は簡単なことと理解しています。コンプレッサが止まらなければ正常なのですから。原因があって止まるならシステムは正常に作動しているということですからどうして働いたかを考えればよく、そうでないのに働いたならセンサーなどの誤作動となります。今回の場合工場にあるので何か大きな電流が他で流れ供給不足というのが一番あてはまりそうです。大変参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2014/7/11 11:13