ここから本文です

太宰治の神について 人間失格の「神様みたいないい子でした」は、 (救いを表...

ens********さん

2014/7/1118:53:13

太宰治の神について

人間失格の「神様みたいないい子でした」は、
(救いを表しているなんて説を読んだりしたのですが、私の見方を単刀直入に言うと)

人間とは格が違うという意味での人間失格で、自分は神様みたいって言っている。
とも取れないかなと考えています。

①同じような感想を持った方はいるでしょうか?

私が思いつくくらいなのでいるとは思うのですが、ネット上の感想では見かけなかったので、
そういう論を展開している書籍や解説等ご存じでしたら紹介して頂けたら嬉しいです。
もちろん、「私も」の一言から皆さんそれぞれの感想歓迎します。

②また、ここで出てくる神様、太宰作品における神様とはどんな存在なのでしょうか?

人間失格以外でも太宰作品に「神様」が出てくることが有りますが、基本的にはキリスト教の神(YHWH)と考えて良いのでしょうか。
クリスチャンでは無いようですし、正しく理解してはいないとか、
日本的な、アニミズム、お天道様的神様感も混ざってるとか、
何か論がある方また、扱っている書籍等ご存じでしたら教えて頂けたら嬉しいです。


太宰作品を沢山読んでいる訳では無いので、むしろほぼ初めて読んで気になったので、
知らないことの方が多いと思いますがよろしくお願いします。

色々な感想お待ちしています。

閲覧数:
578
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bre********さん

2014/7/1122:50:07

「漱石・芥川・太宰と聖書(奥山実 著)」を読むと、そのあたりがよく分かりますよ。

http://www.amazon.co.jp/%E6%BC%B1%E7%9F%B3%E3%83%BB%E8%8A%A5%E5%B7%...

質問した人からのコメント

2014/7/18 11:13:08

神父さんが書いた書籍と言うことに注意して読んでみたいと思います。
ありがとうございました。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる