ここから本文です

『法定福利費の内訳を明示するための標準見積書』について、ご存知の方、お教えい...

tak********さん

2014/7/1513:38:04

『法定福利費の内訳を明示するための標準見積書』について、ご存知の方、お教えいただきたいことがあります。

私、建設業営んでいる中小企業の総務・経理担当です。昨年以降、国交省からの通達(強制?

)で、建設業において元請と下請の間で、工事案件がある場合、見積り段階で『法定福利費の内訳を明示するための標準見積書』を作成する必要があるようです。

当社の場合、元請けから工事を受注 ⇒ 外注業者(主に一人親方)に発注
という流れになりますが、現状、元請けに対し、『法定福利費の内訳を明示するための標準見積書』は作成しておりません。

そこでですが、『法定福利費の内訳を明示するための標準見積書』は必須(強制)なのでしょうか?
強制でないとすると、どの程度、これに取り組めば良いのでしょうか?

ご存知の方、教えてださい。

閲覧数:
11,538
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kot********さん

2014/7/1514:33:35

強制ではなく、業界団体などが下請をする中小企業などの利益率アップの為に今までの見積書ではなく福利費を足した見積書を作りましょう! と推進しているだけです。まだあまり浸透していないと思いますよ。
ただ、弊社は通常の単価+福利費の値段を別途に書いた見積明細を元請へ出しております。すべてのゼネコンでないですが標準見積書でと言われるので、早めに対応する方が御社の為だと思いますよ。業種によって福利費の出し方は変わってきますが、基本的には歩掛(材料を除いた労務賃)の15%程度だそうです。

「法定福利費とは 見積」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる